小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

徒川のここのところ・文フリ編(上)~文壇カフェ・たまご 第八話

      2015/05/11

徒川のここのところ・文フリ編(上)~文壇カフェ・たまご 第八話

こんにちはー! あら、随分と久しぶりですね。お隣、いいですか?
え? 目の下にくまがある?
そうなんですよー。最近ちょっとばかり忙しくて。でも、やっとそれがひと段落した所です。
ほっと一息つきたいから、マスター、今日はホットミルクにしてくれませんか?
できれば蜂蜜をひとたらし……これ、疲れた時の鉄板メニューなんです。

――「何がそんなに忙しかったの?」って聞いてくれないんですね。
こんなに聞いて欲しそうな顔をしているのに、意地悪だなぁ。
いいですよ。勝手に語り始めますから。

実はこのGW、私ちょっとお出かけしたんですよ。
ちょっと東京まで、日帰り弾丸旅行。
その目的は果たして何なのか!?気になるでしょう?気になるよね?

――というわけで、勝手に貴方が「気になっている」ことを前提に話を進めさせて頂きます。
実はね、私、5/4に東京流通センターで開催された、「文学フリマ」に参加してきたんです!

「文学フリマ」といえば、文学好きが集う文学好きの為の同人イベント!!
数々のサークルさんが己の思う文学を叩きつける、半年に一度の祭典なのですよ!!

……はっ!つい熱くなってしまいました。
兎にも角にも、猛り狂った私は前日にこんなツイキャス(ネットラジオ)まで配信して、やる気満々で当日に臨んだわけです。
(徒川のネットラジオ『あだラジ!』はここから聞けます→http://twitcasting.tv/adagawa_n

当日朝、少し寝坊気味に目を覚ましたワタクシ。
予定より新幹線を一本遅らせて、11時少し過ぎに会場に到着しました。

まず最初に向かったのは、「ShinyBooks」さん。
以前文学フリマにお邪魔した時にも、大変よくして下さいました。
前回こちらの小説を買い尽くした私。
今回のお目当てはオルタナティブ・カルチャーマガジン「アヴァンギャルドでいこう vol.3」です。
かなり豪華な執筆陣が、イラスト・漫画・コラム・エッセイ・レビュー・ディスカッションを寄せています。
私の知人や、一方的に存じ上げている憧れの方のあれやこれやが読めるとあって、徒川大興奮!
いつも優しいジェントルメンなヤーマダこと山田宗太朗さんと、はにかみスマイルが素敵なシャイニー高野さん、そしてお隣のスペースにいらっしゃった、たかなしみるくさん(同い年で私の地元にも縁のある素敵ガールです。とっても鋭いエッセイでぐりぐりと弱いところを抉るのが得意でいらっしゃる)と和気あいあい。みるくさんのところで素敵な5円(誤字にあらず)に恵まれながら2階を後にします。

次に向かったのが、その名も「アマチュアで妥協」さん。
「らくせん vol.2」という新刊には、文学賞でいいところにいったんだけど受賞には至らなかった……という方々が原稿を寄せています。
そして表紙画・巻頭エッセイは、何と芥川賞作家の吉村萬壱さん!
なんでも、「アマチュアで妥協」のメンバーと交流があるそうです。
これまた以前の文フリでお世話になったウノコリッチさんに癒されながら、らくせんをゲット!
編集長のまちゃひこさん(乙女が口に出すのは憚られる苗字でいらっしゃいます)と和やかにお話をしながら、再びふらふらと放浪……。

次に訪れたのは、「薄禍企画」さんのスペース。
目的は、講談社BOX新人賞を受賞してデビューした6人の競作集、「mint」です。
ノベルジムで交流のあるカミュカさん(mintには「井上竜」さんというお名前で参加されています)と挨拶を交わし、お名刺を交換しました。

他の講談社BOX作家さんともご挨拶しながら、ワタクシ、カミュカさんに衝撃の告白。
「カミュカさんに紹介したいブースがあるんですけど……」
そう!カミュカさんが吉村萬壱先生の大ファンだということを知っていた私は、「アマチュアで妥協」さんのダイレクトマーケティングを試みたのです!

有難くも興味を持って下さったカミュカさん。
徒川と「アマチュアで妥協」さんのブースに向かいます。
盛り上がっているやり取りを見ながら悦に入る徒川。
ええ、これぞまさに自己満足ってやつですね。

そしてカミュカさんと「アマチュアで妥協」ブースを離れた徒川の元に、かけられる声。
「すみません、もし人違いだったら申し訳無いんですけど……!」
一生懸命に話しかけてきた可愛らしい女の子、その正体はいかに……?!

ってね。引っ張ってみたりして。
え?続きが気になるって?
だったら、ほら、これですよこれ。見てわかりません?私のカップ、空なんですけど。
あー、心優しい誰かがおごってくれないかなー。
私、キャラメルマキアートが飲みたいなぁ~。

え?おごってくれるんですか?
すっごーい!太っ腹ですね!惚れちゃいそう!
――白々しい真似はいいから、早く続きを話せって?

まぁまぁ。話の続きもコーヒーも逃げたりしませんから、ここはゆーっくり、まったりいきましょ?

雑談ノート

「文壇カフェ・たまご」は小説家のたまごの憩いの場です。あなたの意見、感想、問題提起……勿論ただの世間話でも結構です。どうぞお気軽にメッセージを残していって下さい。すべてに目を通し、お返事させていただきます。徒川ニナ

※雑談ノートへは、下記のコメント欄から書き込みできます。

たまごライター:徒川ニナ
writer_nina_1001987年生まれの静岡県民。自分の書いた文章を一人でも多くの人に読んでもらうべく活動中です。守備範囲は純文学からラノベまで浅く広く。時にエッセイも嗜みます。音として美しい日本語を日々研究中。Twitter:@adagawa_n

 - 文壇カフェ・たまご ,

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

電子書籍のあれこれ ~文壇カフェ・たまご 第七話

第七話 電子書籍のあれこれ こんにちはー!そしておひさしぶりです!私と会えなくて …

ラッキーの秘訣 ~文壇カフェ・たまご 第四話

第四話 ラッキーの秘訣 こんにちは! 今日も寒いですね~! さぁ、早く入って入っ …

【アイデアの出し方】アイデア欠乏症・打開策 ~文壇カフェ・たまご 出張編/徒川ニナ

【アイデアの出し方】アイデア欠乏症・打開策 ~文壇カフェ・たまご 出張編/徒川ニ …

徒川のここのところ・文フリ編(下)~文壇カフェ・たまご 第九話

徒川のここのところ・文フリ編(下)~文壇カフェ・たまご 第九話 ――で、何の話で …

徒川のここのところ・電子書籍出版編 ~文壇カフェ・たまご 第十話

徒川のここのところ・電子書籍出版編 ~文壇カフェ・たまご 第十話 勿論、私が忙し …

オノマトペ・りずむ ~文壇カフェ・たまご 第六話

第六話 オノマトペ・りずむ こんにちは! お久しぶり、ってほどでもないですね。 …

無駄なものなんて、ない。 ~文壇カフェ・たまご 第三話

第三話 無駄なものなんて、ない。 こんにちは! 少しご無沙汰してました。 明けま …

新企画:『文壇カフェ・たまご』

新企画『文壇カフェ・たまご』 今夜から始まる新企画のコンセプトは、「小説家のたま …

貴方が本当に書きたいもの ~文壇カフェ・たまご 第二話

第二話 貴方が本当に書きたいもの こんにちは。少しお久しぶりですかね。お元気でし …

徒川のここのところ・締切修羅場編 ~文壇カフェ・たまご 第十一話

徒川のここのところ・締切修羅場編 ~文壇カフェ・たまご 第十一話 さぁて、ドリン …