小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【たまごライター彩葉の挑戦】両親へ捧げる小説を書きなさい。

      2015/07/22

たまごライター彩葉の挑戦

様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは)さんが失敗を覚悟で挑戦し続けるコーナーです。(過去の挑戦一覧

今回の挑戦状は、こちら。

『両親へ捧げる小説を書きなさい。』

彩葉の解答

わたしのこたえ

「あの」
「ん?」
少女Aは床に蹲りながら、目の前にいた少女Bにそっと問い掛けた。
薄暗い部屋では二人の顔も殆ど見えない。締め切った部屋に声のみが響く。
「……作文を書かなければいけないんです」
「ふうん、どんな?」
「両親に捧げる言葉、です」
「そうかい。自由に書けばいいじゃないか。お前文章書くのは得意なんだろ?」
「それは……」
「この前だって国語の先生に皆の前で褒められていただろ? 読書感想文でも市で一番になったわけだし。作文なんてお前にとって困難なものではない。そうだろ?」
少女Bはそう言って嫌味な笑みを浮かべる。
「それともあれか? 書けない理由でもあるのか?」
わざとらしく言う様子は、彼女が既に答えを知っていることを表わしているようなものだった。
「……あります」
少女Aの声は震え、語尾は消えてしまっている。『ありま』の部分しか音声にはなっていないだろう。
「しっかりしろよ」
対する少女Bは堂々と文句を垂れる。
「そういうところがダメなんだ」
「分かっています……分かっているけれど……」
「はっきりしろ」
「何も、言葉が思いつかなくて」
「はぁ?」
少女Bは大きくため息をついた。少女Aはそれに反応してびくりと肩を動かす。
「常日頃からの感謝の言葉を書き連ねればいいだけじゃねーか」
「感謝の言葉なんて……」
「ふーん。思いつかないってか ? とんだ親不孝者だな」
少女Aは一瞬顔を上げたが、結局俯いて何も喋らなくなってしまった。
「小さい頃風邪をひいたお前を寝ずに看病してくれたのはどこの誰だ? 眠れないときに側にいてくれたのは? お前を学校に通わせてくれているのは? 掃除洗濯その他もろもろお前の世話をしてくれているのは誰だ? なあ、言ってみろよ」
「……両親、です」
「お前は、両親がいなければ生まれてこなかった。両親がいなければ生きてこれなかった。彼らがいなければ今のお前はいない」
「知ってます!」
少女Aは声を荒げ、その後すぐに口を塞いだ。
「知ってますが……でも、私の両親は私のことを鬱陶しく思って見てくるから……」
少女Bはびくびくと告げる少女Aを侮蔑の目で見続 ける。その視線が少女Aをますます萎縮させると知っていながら、だ。
「私がピアノのコンクールで賞をとれなかったり、高校受験に失敗したり、お皿を落として割ってしまったとき……失望の目を向けられます」
「それは当たり前のことだ。私だってお前に失望の目を向けるさ」
「辛いことがあって泣いているときは泣くなと注意され、隠れて泣いていたらバレて叱られました。理由を言おうとしても煩いと一蹴されました」
「そりゃあお前が泣いている声ってやけに大きくて耳に障るんだよ。いいわけすら聞きたくないね」
「お前を育てているのは老後に自分たちの面倒を見てもらうため以外何もないと言われました」
「そんなの、誰だって言われるようなことさ。間違ってはいない」
「それ から……それから……」
「あのさあ、お前の言っていることは全部被害妄想で、お前の勝手な言い分だ。本当に両親がお前を嫌っているならとっくにお前は捨てられている」
少女Bのきつい一言に少女Aは押し黙った。
少女Aの言葉は全て真正面から否定されてしまった。もう漏らす言葉は何もない。
「それともあれか? 自分が何か失敗した時、よしよし次はがんばろうねーって撫でてもらいたいのか?」
「違います。ただ……」
「ただ、なんだ? お前は褒められたいだけなんだろう? ただ自分を認めてもらいたい、そんな自己中心的な考えで人を嫌う」
「き、嫌っていません」
「なら、何が言いたい?」
まくしたてるような少女Bの言葉は薄暗い部屋に響きわたる。
窓も閉じられ 生温い空気が循環する部屋は少女に不快感を与え続けた。
「私は……申し訳なく思っているんです」
「ほぉ」
「親の期待に添えずこんなダメな娘になってしまったことに対して……」
「じゃあそれを書けばいいじゃないか」
「え?」
「恥の多い生涯を送ってきました。こんな娘になってどうもごめんなさい、ってな」
「それは……」
「お前が言いたいのはそういうことだろ?」
「でも」
「ぐずぐずうるせえなあ」
少女Bは大きく悪態をついた。
「大体受験に失敗したのも転んで大けがしたり皿を割ったりしたのも、全部お前自身の責任だ」
「……はい」
「お前が悪かったことを親の所為にするのか?」
少女Aは胸に手を当てた。息が苦しい。それ以上告げられるのが怖い。< br>「お前は人の所為にして逃げているだけだ」
耳を塞いでも何故か少女Bの言葉は聞こえてくる。
「褒められたいならもっと努力をしろ。誰よりも、誰よりもだ。辛い? 世の中にはお前より辛い思いをしている人間が沢山いる。貧困、飢え、病気……苦しんでいる人間を上げたらきりがない。お前は本当に恵まれているな。贅沢な暮らしをしている。それなの
に、嘆くのか?」
「ちが……う……違う、私は、ただ」
「認めてほしいならば誰よりも努力をしろ。失敗をするようなことは許されない。誰かに文句を言うのはもっての外だ」
「そんな」
「嫌なのか?」
少女Aはゆっくりと顔を横に振った。
「あーあ。そもそもそうやって嘆く時点で私はお前が気に入らない」
「……そう 、ですか……いえ、あなたのことはどうでもいいんです。今は……両親のことです」
「ああ、いけねえ。論点がずれていた。結局お前は親に何を伝えたいんだ? やっぱり懺悔の言葉を並べ立てるのか?」
「……分からないです」
「あーあ。出たよ。分からないって答えて逃げるやつ。お前が分からないのに私がわかる訳ないだろ?」
「それでも、教えてください!」
すがるように少女Aは告げた。少女Bは僅かに表情を緩め、そうして微かに笑う。
「確かに私はお前のことを誰よりも知っている。幼少期に威張り散らして友達が作れなかったこと、小学校の時本ばかり読んでいたら仲間はずれにされるようになったこと、中学時代に言葉で人を傷つけてしまった事、自分を責めるようになってしま ったこと、お前がよくミスをやらかすこと、救いようがないほど不器用なこと……誰よりもお前のことを知っている。それでも私はお前に正しい答えを投げつけることはできない」
「どうして」
「手を伸ばせ」
少女Aははっと目を見開いて、おそるおそる時間をかけて手を前に出していった。彼女の前には少女Bがいる。けれど、その手は少女Bに触れることはなく……何か冷たく固いものに当たってしまった。それ以上前には決して伸ばすことができない。
そうして、やっと気が付くことができた。
両手で触れる。それは、僅かな光を集めて少女の虚像を作り出す……鏡だった。

少女Bの顔から涙が零れ落ち、少女Aが歪んだ笑みを浮かべる。
否、そこにはただ涙をこぼしながら歪んだ 笑みを浮かべる一人の少女がいるだけだった。
「そう……だよね」
自分が分からないことを自分が分かる訳がない。
額を抑え、立ち上がる。そして部屋の電気をつけ、窓をあけた。
待っていましたといわんばかりに入り込んできた風は、少女を射るように突き刺さる。
少女は筆箱の中からシャープペンシルを取り出し、くしゃくしゃになった原稿用紙を丁寧に伸ばした。
タイトルは『両親に捧げる話』
そして、さらさらと書きだす。

『お父さん、お母さん、いつもありがとうございます。それから、ごめんなさい。』

少女の作文は完成した。
そうして数日後……彼女の作文はやり直しをくらったという。

彩葉のあとがき

さてさて、次のお題はなにかな~

たまごライター:彩葉
writer_iroha_100文字を書くことが生きがいの、未熟で未熟な小説家のたまご。新しいことにどんどん挑戦したい。依頼はいつでも受付中。現在は主に「pixiv」と「小説家になろう」にて小説を書いております。Twitter:@kotonoha_hutaba

挑戦状

次回の挑戦状は、こちら。

『二人称で書きなさい。にわとり』(3000文字)
*彩葉さんもここで内容を初めて知ります

新しい挑戦状も、随時募集いたします。この企画の記事にコメントをいただくか、Twitterでハッシュタグ #たまごライター彩葉に挑戦状 をつけてツイートしてください。採用させていただいた場合は、お名前も併記いたします。

彩葉さんの解答が公開されるタイミングで、次回の挑戦状の内容を発表いたします。

読者が彩葉さんと同じテーマで挑戦するスピンオフ企画「たまごライター彩葉に挑戦」も合わせてお楽しみください。

また、彩葉さんの解答に対する感想や、あなたなりの解答があれば、お気軽にコメントいただければ幸いです。

 - たまごライター彩葉の挑戦 ,

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【たまごライター彩葉の挑戦】主人公の性別を曖昧にしなさい。

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

no image
Watch Full Movie Online And Download Deadpool (2016)

Watch Full Movie Deadpool (2016), Free D …

【たまごライター彩葉の挑戦】オノマトペで遊びなさい 。

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】読者を困らせなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】「手術」「借金」「フェイクファー」で笑える三題噺(さんだいばなし)を書きなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、た …

新企画:たまごライター彩葉の挑戦

今日から始まる新企画は、たまごライター彩葉さんに担当していただきます。 人間とは …

no image
Download and Watch Full Movie The Discovery (2017)

The Discovery (2017) Duration 101 mins G …

【たまごライター彩葉の挑戦】最低5回はループする短編小説を書きなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉さんが失 …

【たまごライター彩葉の挑戦】安っぽい殺人事件を書きなさい。

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】盛大にフラれなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …