小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【たまごライター彩葉の挑戦】「手術」「借金」「フェイクファー」で笑える三題噺(さんだいばなし)を書きなさい

   

たまごライター彩葉の挑戦

様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉さんが失敗を覚悟で挑戦し続けるコーナーです。

今回の挑戦状は、こちらです。

「手術」「借金」「フェイクファー」で笑える三題噺(さんだいばなし)を書きなさい

 彩葉の解答

「見て見て、これうちの猫の写真なんだけどー、ほら、このふしゃけた寝顔が最高に可愛くて」
「ちょっとちょっと、それならうちの犬の方が負けていないんだけど。見てよ、このじゃれついてくる顔」
「えー、絶対うちのみーちゃんの方が可愛い」

女子同士の会話で盛り上がる話題の一つにペット自慢がある。
とにかく携帯のメモリに詰め込まれている自慢のペットの数 々。それを見せ合って、どんな仕草が可愛いだとか、自分にどれほど懐いているか、などを語り出す。
多分、楽しいのだと思う。ペットを飼っていれば。
飼っていない人間からすると、随分退屈なトーク。
この不満げな顔に我が友人は気づいてはくれないものか。先ほどから退屈オーラを全開にしてみるものの、どうにも彼らは気づきそうにない。

休み時間中ずっとこれ。どうして自分がこのグループにいるのかも疑問に思った。
「ねえ夢、聞いてる?」
「聞いてる聞いてる」
適当に返事をしていることも気が付いてほしい。が、どうも私の興味の有無など気にしていない様子。
自分が喋れればそれでいいのだ。なんとも自己中心的。

「ああー、そういえばそろそろエ サを買いに行かないといけないんだった」
「あ、うちもうちも。どうする?放課後ペットショップ直行しちゃう?」
「うん、そうしよう。夢はどうする?」
ペットを飼っていない私がペットショップへ行ってどんな利点があるというのか。放課後にペットショップ直行など初めて聞いた言葉だ。
「……いや、私はパス」
断る以外に選択肢などない。怒れる気持ちをぐっとこらえ、されど素っ気なく答えた。
「えー、じゃあ二人だけで行こうか」
なんだか私が空気を読めない人間のように扱われているのは解せない。普段はいい友人なのだけど、二人ともペット中毒なのがかなりの難点。
そろそろどうにかしてほしいものだ。
私だってペットは飼ってみたい。でも、それは叶わない。
そんなこと、言い出せはしないけど。

気づかれないように溜息を吐くと、休み時間の終わりを告げるチャイムに合わせ、私は自分の席へと戻っていった。

 

「ただいま」
立てつけの悪くなった扉を強引に開ける。
薄暗い廊下。別に外が暗くなった訳ではない。ただ、この廊下は日が入らないのだ。
奥へ進むとやっとベランダから夕日が差し込むリビングに辿り着く。
リビングというよりいろんな機能を全部詰め込んだような部屋だけれど。
勉強机、洋服ダンス、食器棚、卓袱台。なんでもあり。
寝る時は布団も敷かれる。
この季節は時折吹きこむ隙間風がちょっとだけ辛い。でも、もう慣れたもの。

ボロボロのアパートの 一室。
私は家族四人でここに暮らしている。
勿論、ペットなんてNG。そもそもペットを飼うほどのお金の余裕がない。

家族というのは、私の母親、私、妹、弟の四人。
父親は借金を残したまま消息を絶ってしまった。
母は必死に借金を返そうと働いてくれているが、見ての通りの貧困生活。
それでも、不満を漏らしたら必死に働いてくれる母親に悪い。かくして私たちはなるべく家では笑顔でいるよう努めている。

「ねーちゃん、お帰りなさい……」
妹の愛が机の影からひょっこりと顔を出した。
その声は、どこか沈んでいる。
「愛ちゃん、何かあった?」
普段は天真爛漫で無邪気な妹がこの調子なのは珍しい。むしろ弟の希の方がこのようなローテンションの場合 が多い。

「あのね、愛たちのペットが……」
ペット。その言葉にピクリと反応する。
「ペット?」
「あ、えっと……ペットっていうか……」
しどろもどろになり、うじうじとする愛。
うちにペットはいない。育てる余裕がない。そもそもペットはNGなアパート。

「はっきり言って、愛」
もしかして、愛はペットを隠し飼っていたのだろうか。しかしこの狭いアパートの一室。そんなものを隠す場所などないはずなのだが。屋外でこっそりエサをやるなど、方法ならいくらでもありそうだ。

「の、希が言う」
今度は、愛よりも頭一つ分小さい、弟の希が出てきた。
いたことに、気が付かなかった。

「あのね、希たちのペットがね、怪我しちゃって… …ねーちゃんにしゅずつしてほしいの」
舌足らずな言葉。
「えっと、手術?」
「うん、しゅずつ」
手術と言いたいことは分かった。

まずペットがいたことに驚き。そして、手術が必要なんて状態にも驚き。ペットの手術費はどれくらいかかるのだろう。私には縁のない話すぎて分からない。
だからといって、そんなペット今すぐ放してきなさいなど言えない。貧乏人だからって非人道な行為は絶対できない。
どうすればいいのだろう。私になにが出来るのだろう。
そもそも希は私に手術をしてほしいなどと頼んできたが、私にそんな技術がある訳がない。
怪我を見ても戸惑ってしまい何もできない。
姉として、絶対絶命。

「えっと、とりあえず怒らないから見せてく れる?」
一体何を飼っているというのか。犬?猫?様々に思考を巡らす。そうして、恐る恐る尋ねた。

「あのね、この子!」
まさかこの場にいるとは思わなかったので聞き捨てならない指示語。まあ、それはいいとして。

愛が机の上に乗せたのは犬でも猫でもなく……うさぎ、だった。

「ラズベリーっていうの」
愛が好きそうなカタカナの名前。
やわらかそうな白い毛並み。赤い、宝石のような瞳。
「の、望むが見つけたんだよ」
希が主張する。
「協力してお金を出したの……ママには秘密だったんだけど……」
「どうしても欲しくて」

おそらく、二人のお小遣いを全部つぎ込んだのだろう。そうでなければまず手に入らない。
その 子をそっと持ち上げ抱きしめてみる。温もりを感じた気がした。
たしかに、一目惚れしてしまうのもよく分かる。
本当にやわらかい。
頬ずりをしていると癖になってしまいそうなくらい心地がいい。

おそらく、かなり性能のいい人工毛皮……いわゆるフェイクファーってやつで作られている。
いやあ、これはやはり高くついただろう……確かに母親には言いにくい。

足の部分を見ると少し糸がほつれていた。これか、この子の怪我というのは。
「うん、分かった。ねーちゃんが、ラズベリーちゃんの手術をしてあげよう」
「わーい!」
「やったー!」
心底喜ぶ二人。見ていて微笑ましくなる。
ラズベリーもまた、心から喜んでいる……なんとなく、そんな気がし た。

私はこのうさぎを模したぬいぐるみを後でそっと写メっておくことにした。
さて、自慢できるかな。

彩葉のあとがき

今回の解答はいかがでしたか?
微笑ましさにクスリとした笑いが漏れれば完璧なのですが!!

管理人のにわとりさまの容赦のなさには驚きですが、ハッシュタグを見る限りさらに鬼畜なお題も用意されているよう。
それでも、私は負けません。どんなお題だろうと書ききってみせます。
さあ、どんどん挑戦状を叩きつけてくるが良い!

ちなみに私のペットのうさぎのぬいぐるみの名前は『ラルリス』って言います。
ある日おもちゃ屋で運命の出会いを果たし、お小遣いをつぎ込みました。とても可愛いです。抱きしめ ると柔らかいですが、ラルリスは恒温動物ではないので冬は冷たくなっています……ちょっぴり悲しいです。

さてさて、次の挑戦状は何かな~

挑戦状

次回の挑戦状は、前回記事のコメント欄にいただいた、こちら。

『最低5回はループする短編小説を書きなさい。匿名』(3000文字)
*彩葉さんもここで内容を初めて知ります

新しい挑戦状も、随時募集いたします。この企画の記事にコメントをいただくか、Twitterでハッシュタグ #たまごライター彩葉に挑戦状 をつけてツイートしてください。採用させていただいた場合は、お名前も併記いたします。

彩葉さんの解答が公開されるタイミングで、次回の挑戦状の内容を発表いたします。

また、彩葉さんの解答に対する感想や、あなたの解答なども、お気軽にコメントいただければ幸いです。

 - たまごライター彩葉の挑戦

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【たまごライター彩葉の挑戦】オノマトペで遊びなさい 。

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】盛大にフラれなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】1億円を使いきりなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】最低5回はループする短編小説を書きなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉さんが失 …

【たまごライター彩葉の挑戦】主人公の性別を曖昧にしなさい。

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】一円に泣かされなさい

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

たまごライター彩葉の新しい挑戦

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

【たまごライター彩葉の挑戦】両親へ捧げる小説を書きなさい。

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …

新企画:たまごライター彩葉の挑戦

今日から始まる新企画は、たまごライター彩葉さんに担当していただきます。 人間とは …

【たまごライター彩葉の挑戦】二人称で書きなさい。

たまごライター彩葉の挑戦 様々な”難しそうなこと”に、たまごライター彩葉(いろは …