小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:最低5回はループさせなさい】イドラ/エイミカ。

   

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:最低5回はループさせなさい】

様々な難しそうなテーマで超短編小説に挑戦していただく、たまごライター彩葉に挑戦

たくさんの応募作品の中から、たまごライター彩葉(いろは)さんがピックアップした作品を、コメント付きで紹介いたします。最後には、グランプリ作品として「彩葉賞」も発表いたします。

今回の挑戦状はこちら。
最低5回はループさせなさい。にわとり

イドラ/エイミカ。

あぁ、また失敗した。

ビリッと、紙が裂ける音が、僕の手の中で起きた。

**

理解が出来なかった。どうして彼女が死ななければならないのか。僕は、まだ、なにも伝えられていない。僕は伝えたかった。伝えたい言葉があった。だからこそ、ここで彼女を死なせるわけには行かなかった。僕は時間を戻ることにした。それは途方もないことだった。それでも僕は彼女を助けたかった。
けど、また彼女が死んでいく。僕の目の前で。助けられなかった彼女の身体からたくさんの色が流れ出て行く。

あぁ、また失敗した。

ビリッと、紙が裂ける音が、僕の手の中で起きた。

**

ライトが僕の頭上を照り出していた。熱くなかった。人工の光は、自然の光よりも優しい。無機質で無感動でこちらに干渉して来ない。ただそこにある光景だけを照らす。熱いと喚く必要も、眩しいと嘆く必要もなくその場にいられる。だから、彼女が死んでいくその瞬間も、僕はその場に立ちすくみ、彼女を眺めることが出来る。
理解が出来なかった。どうして彼女が死ななければならないのか。僕はやはりまた、なにも伝えられなかった。僕は伝えたい。伝えたい言葉があった。だからこそ、これではいけなかった。
けど、また彼女は死んでしまった。僕の目の前で。助けられなかった彼女が息絶えていく。
僕はまた時間を戻ることにした。

あぁ、また失敗した。

ビリッと、紙が裂ける音が、僕の手の中で起きた。

**

彼女が笑う。彼女が泣く。彼女が怒る。そして、また笑う。
彼女には蓮華がよく似合った。蓮華の花言葉は、「あなたと一緒なら苦痛が和らぐ」「心が和らぐ」。まさに、その言葉通りの人間だった。彼女は皆に好かれていた。僕もその皆の一人だった。僕は彼女が好きだった。彼女は皆が好きだった。
ライトが僕の頭上を照り出していた。冷たくはない。人工の光は自然の光よりも柔らかだ。
無機質で無感動だからこちらに干渉して来ない。ただそこにある光景を照らし出す。寒いと喚く必要も、暗いと嘆く必要もなく、その場にいられる。だから、彼女が死んでいくその瞬間も、僕はその場に立ちすくみ、彼女を眺めることが出来る。
理解が出来なかった。どうして彼女が死ななければいけないのか。僕は、まだなにも伝えられずで終わってしまう。僕は伝えたい。伝えたい言葉があった。だからこそ、やはりこれではいけなかった。
けど、彼女がまた死んだ。僕の目の前で。僕では彼女を助けられない。けど、僕がやらなければやれる人はもっといない。
僕はまた、時間を戻った。

あぁ、また失敗した。

ビリッと、紙が裂ける音が、僕の手の中で起きた。

**

初めて出会ったのは、もうどれだけ前の事だったろう。それは覚えていないけれど、そのときのことは覚えている。だって、彼女が美しい微笑みを僕に向けてくれたから。その一瞬で僕の胸は、今までに感じたことがない高揚感を覚えた。
彼女が笑う。彼女が泣く。彼女が怒る。そして、また笑う。
蓮華がよく似合う彼女の笑みは、蕾がゆっくりと開き、その内側から美しい華を咲かせたときのようにハッとさせられる美しさがあった。彼女の笑みに、皆惹かれた。僕もその皆の一人だった。僕は彼女が好きだった。彼女は皆が好きだった。
ライトが僕の頭上を照り出していた。なんだか光が薄まって来た。それでも人工の光は自然の光に負けず僕を照らし出す。無機質で無感動だが、最後まで自身の務めを果たそうと必死になる。僕も必死だ。僕も彼女を死なせない為に、最後のときが来るまで必死になる。
理解出来ない。どうして彼女が死ななければいけないのか。僕は、まだなにも伝えられずで終わってしまう。僕は伝えたい。伝えたい言葉があった。だからこそ、やはりこれじゃいけなかった。
けど、彼女がまた死んだ。僕の目の前で。助けようにも手段が限られている。だからこそ、僕は必死になるのに、彼女の身体からは黒い液体ばかりが流れ出て行く。
僕はまた時間を戻った。

あぁ、また失敗した。

ビリッと、紙が裂けていく音が、僕の手の中で起きた。

**
最初は車で轢いた。次は焼いた。次は首を絞めた。次は溺死。次は病気。この世にある、何千、何万の死を彼女が体験する。僕がそれを助ける。助ける為に、何度も最初に戻る。
初めて出会ったのはいつの頃だったか覚えていない。けど、そのときのことは覚えている。そのときまで僕は戻る。そうして彼女と出会い、高揚を胸に抱き、彼女を助ける。
彼女が笑う。彼女が泣く。彼女が怒る。そして、また笑う。
それから死ぬ。蓮華が似合う彼女。花弁が散り、その下にある醜い姿だけを残すように。醜い姿を残して死ぬ。皆、そんな彼女の姿を嫌った。僕はそんな皆と違った。そんな彼女も好きだった。けど彼女はずっと皆が好きだった。
ライトが僕の頭上を照らす。もうあまり力は残っていないようだ。けど、人工の光は光として最後まで務めを果たそうとする。無機質で無感動だが、仕事の責任は持っている。僕もそうだ。僕も彼女が好きな限り、最後まで務めを果たすつもりだ。
理解出来ない。彼女が死に行く理由が。僕はまだ何も伝えきれずに終わってしまうんだ。僕は伝えたい。伝えたい言葉があった。これじゃ、だめなんだ。これじゃ、やっぱりだめなんだ。
けど、彼女はまた死んでしまった。僕の目の前で。彼女の身体がどんどんと冷たくなる。
僕はまた、時間を戻った。

あぁ、また失敗した。

ビリッと、紙が裂けていく音が、僕の手の中で起きた。

**

カリカリカリカリカリカリカリカリカリ――
無機質なペンの音が、紙の上を走る。黒色の液体が紙を滑り、文字を生み出す。その文字が彼女の姿を、時間を、その全てを形成していく。
これは物語だ。僕が他者にこれまで言えずに来たことを、この物語を通して、彼女が伝えてくれる。これまで、何度もそうやって、僕は彼女と共に過ごして来た。彼女は僕の頭の中にしかいないけれど、本の中の彼女は世界中の皆の心に居座り続ける。
幸せだった。僕と彼女が作り上げたものが皆の中に残り続けることが。
なのに、どうしてだろう。気付けば彼女が死んでいく。何度書いても書き直しても、彼女が死んでいく。
最初は車で、次は火で、次は紐で、次は水で、次は病で。この世にある何千、何万の死因で彼女が殺されていく。僕が助けなければ。彼女を作れるのは僕だけで、殺せるのも助けられるのも僕だけだ。
初めて出会った頃など忘れた。けど、その頃の原稿は手元にある。だから何度もその頃に戻れるし、出会い、高揚し、物語を作り変えれる。
彼女が笑う。彼女が泣く。彼女が怒る。そして、また笑う。
それから死ぬ。何度作り変えても、蓮華のような彼女の身体が縮れ、バラバラにされ死ぬ。そんな姿、読者(みんな)は待っていない。僕はそんな君も好きだ。でも皆は嫌いだ。
机上のライトが僕の頭上を辛うじて照らす。そろそろその命が絶える頃だ。でも、彼女の命はまだ絶えさせない。決して、絶えさせない。
理解出来ているんだ。どうして彼女が死ぬのか。理解したくない。僕にはそれだけの力量しかないのだと。所詮、僕はただの凡人だったなどと。物語を書く力など、備わっていなかったのだと。
彼女がまた死ぬ。僕はまだ世の中に伝えたい言葉があるんだ。これじゃダメだ。これじゃ。
僕は破いた。物語が綴られた紙を。戻したい最初の頃まで。

あぁ、また失敗だ。

紙の裂ける音が、室内に響き渡った。

――END

作者プロフィール

エイミカ。
専門学生です。
乙一さんと伊藤計劃さん、それから赤城大空さんの作品が好きです。ライブ狂でして、作業BGMの曲探しに、インディーズバンドのライブに月一で行くのが趣味です。

作者あとがき

初めまして、『エイミカ。』です。
まず最初になのですが、こんな屁理屈染みた作風にしてしまい、すみませんでしたっ。
簡単に言ってしまえば、何回もループしてるように見せかけて、失敗した原稿を最初に戻って何度も書き直しているというだけの、そういう話なのですが、書いてから果たしてこれループものとして許されるのだろうか、という……
でも、悩みに悩んだ結果、悩みが一周して振り切れまして、やってみたもの勝ちだよね、という感じで応募させて貰いました。
タイトルの『イドラ』は、先入観という意味合いから名付けさせて貰いました。ループものというテーマの先入観から、実はそういうことだったのか、という流れで驚いて貰えたら幸いです。

たまごライター彩葉のコメント

何度書いても登場人物を殺してしまう苦痛のお話。書き直しても書き直しても最後は彼女を殺してしまう。それは彼女のキャラクターを生かせなかったという意味なのか、物語が思うように進まなかったのか、それとも本当に彼女を殺してしまう展開になってしまったのか、考えながら読み進めました。物書きだけに、主人公の苦悩がよく伝わってくる作品です。ただ、紙の裂ける音という描写でオチが分かってしまったのが少し残念でした。

 - たまごライター彩葉に挑戦 , ,

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:ひたすらバナナを食べなさい】集団的一般の食べ物/高橋己詩

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:ひたすらバナナを食べなさい】集団的一 …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:主人公の性別を曖昧にしなさい】曖、昧、身/巴莉

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:主人公の性別を曖昧にしなさい】曖、昧 …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品・彩葉賞:ひたすらバナナを食べなさい】大きくなあれ/チャンク

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品・彩葉賞:ひたすらバナナを食べなさい】 …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:二人称で書きなさい】崖っぷち/ゆんゆん

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:二人称で書きなさい】崖っぷち/ゆんゆ …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:ひたすらバナナを食べなさい】不幸の幸福/ツバサ

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:ひたすらバナナを食べなさい】不幸の幸 …

【募集!たまごライター彩葉に挑戦】最低5回はループさせなさい

たまごライター彩葉に挑戦 先日発表した新企画「たまごライター彩葉に挑戦」、最初の …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:ひたすらバナナを食べなさい】社長、お待たせしました/磯部六郎

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:ひたすらバナナを食べなさい】社長、お …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品・彩葉賞:二人称で書きなさい】モーション/藤井セシル

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品・彩葉賞:二人称で書きなさい】モーショ …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品・彩葉賞:超どんでん返しをキメなさい】ばあちゃんには敵わねえ/巴莉

【たまごライター彩葉に挑戦グランプリ作品・彩葉賞:超どんでん返しをキメなさい】ば …

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:超どんでん返しをキメなさい】ゴーストライター/ツバサ

【たまごライター彩葉に挑戦ピックアップ作品:超どんでん返しをキメなさい】ゴースト …