小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【にわとリズム】一杯600円のラーメン

   

くだらない話なんですけど、一杯600円のラーメンを食べていて、思ったことがあります。

ここのラーメンはプラス100円で大盛りにできるのですが、基本の量が少なめなので、人によっては大盛りがちょうどよくなります。仮にここの店名を安井軒としますね。

一方で、通常でもそれなりに量のある高井軒では、一杯700円のラーメンがあり、麺の少なめを100円引きで注文することができます。

この両店、聞くところによると、それぞれ600円の場合の麺の量は同じです。つまり同じ量で同じ値段なので、不公平感はありませんつじつまが合っています。

じゃあ、普通のお腹の大きさを持つお客さんが、それぞれのお店で何を注文するかというと、たぶんどちらも「普通盛り」なんですよね。安井軒では(量が少ない)普通盛り、高井軒でも(量が多い)普通盛り。量がどうか、なんて普通は考えません。

日本人は自分の意志を表明するのが苦手なので、いや、人間とは基本的には謙虚なので、おそらくどちらの場合でも、わざわざ量を確認して、大盛りや小盛りを検討する人はまずいないでしょう。無意識のうちに店側が勝手に定めたオススメを基準にして考えてしまいます。

たとえばランチセットなんかも、同じですよね。普段は単品でしか注文しない人なのに、「お得なランチセット」とメニューを出されると、本当はたいしてお得でもないのに、唐揚げやチャーハンが付いたセットを注文してしまいます。

人は、お店の提案に無防備である。

海外に行ってぼったくられても気が付けない日本人というのは、この話の延長線上にあるんじゃないかな、と、麺をすすりながら思ったのでした。

今日も、ムダ話にお付き合いいただきありがとうございます。量が少なくて700円なんだけど、大盛り無料!というパターンもありますよね。

 - にわとリズム

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【にわとリズム】はちみつと小説

はちみつと小説 はちみつが、好きです。 よく晴れた気持ちのいい朝に、食パンをトー …

【にわとリズム】ポキッと折っちゃうのも悪くなさそう

日本ではとっくに終わっていて、遠い昔のことのようにも感じるゴールデンウィークです …

【にわとリズム】どんな文章が書きたいの?

私は、小説家ではありませんし、文章の専門家でもありません。(そういうことにしてお …

【執筆の苦労が報われる瞬間】そこに道があるかぎり/八湊真央

【執筆の苦労が報われる瞬間】そこに道があるかぎり/八湊真央 文章、とくに小説を書 …

【にわとリズム】Tシャツ写真の募集を締めきりました。

小説家のたまごTシャツに関する募集は、本記事の公開をもって締切とさせていただきま …

【にわとリズム】誰かに自分の気持ちをわかってほしいときは

誰かに自分の気持ちをわかってほしいときは 誰かに自分の気持ちをわかってほしいとき …

【アイデアの出し方】ネタ神様/彩葉

【アイデアの出し方】ネタ神様/彩葉 「ネタ神様が来た!」 時折、そう声を出したく …

【にわとリズム】Tシャツとたまごライター

※募集は締め切りました。 Twitterではすでに公開済みですが、ユニクロが展開 …

【にわとリズム】99.9%と0.1%

たとえば、私も含めて小説家のたまごが書く文章なんていうのは、99.9%くらいは、 …

【たまコラム:たまご、たまごたまご。たまご。】第1回:鈴木素肌

【たまコラム:たまご、たまごたまご。たまご。】第1回:鈴木素肌 でてくるひと 「 …