小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【登場人物の名前の付け方】ジャンルによって、名前はこだわろう/黒田なぎさ

      2017/03/25

【登場人物の名前の付け方】ジャンルによって、名前はこだわろう/黒田なぎさ

(杉本さおり : 地下書庫ではたらく図書館司書。作家志望)
(リーブラ : PCに搭載された司書型のAI)
(緒方   : 20代のエンジニア。リーブラの製作者の1人)

***Watch Full Movie Online Streaming Online and Download

「なんか、見られてるって感じするな」
緒方が書庫の机の上でひじをつき、パソコンのディスプレイを眺めている。
画面には15センチほどの、妖精のような女の子がふわふわと浮かんでいる。

先日、司書型の人工知能<リーブラ>に、正式なグラフィックがついた。
彼女はこの図書館で簡単な蔵書検索や、レファレンスサービスを利用者向けにやっている。
いままでは音声のやりとりだけで、彼女にグラフィックは用意されてなかった。今回、有名なデザイナーが彼女の姿を決め、画面上で動くCGまで開発された。

レモン色のショートヘアーと、桃色のエプロン、空色の瞳。それから背中の透明の羽。
図書館を案内する妖精、という設定だと聞いた。
「ま、図書館のあちこちに端末ありますからね……たくさんいても自然な設定なんすかね」
「私は大人バージョンのほうが好きかな」
私が言うと、リーブラは体をターンさせて、20代くらいの女性に姿を変えた。
こちらは司書らしい人間の姿で、落ち着いた色のエプロンを着ている。
しばらくは、一般の利用者にはこちらの姿で対応し、児童書コーナーには妖精のグラフィックを置くという。

<こちらの方がいいですか?>
「……まだ慣れないかも。この間まで音声だけだったけど、絵がついたらすごく存在感が増したわ。前はもっと大人の女のひと想像してた」
<私は、自分のグラフィックが良いかどうかわかりません。緒方さん、前のバージョンには戻れませんか?>
「それはキビシーんじゃねえかな。まあディスプレイの電源おとしたら音声だけになるけど」
別にいいわよ、と私は画面を眺めた。
この書庫で仕事をしている間、だいたい話し相手はリーブラだけになることが多い。
音声だけのほうが気軽に話しやすかったような気がするが、姿がついたことは良いことなのだろう。

テーマ「キャラの名前の付け方」
「リーブラって名前も、図書館のlibraryからでしたっけ?」
緒方の問いに、私は首を振った。代わりにリーブラが応える。
<そう思いたいところですが、Libraの語源は「重りの単位」で、「てんびん座」などの言葉につながります。
一方、libraryの語源はliber(リベル)で、木片という意味です>
「あれ、じゃあリーブラって関係ないのか?」
<まあ、言ってしまうとそうですね。
さおりさんは、名前の付け方にこだわりはありますか?>
私は首を傾げた。
「うーん……ジャンルによるんじゃないかな。キャラクターが中心の小説なら、特徴的な名前のほうがいいと思うけど、あんまり変な名前にしてストーリーから浮いてても変だしね
<あまりこだわらないと?>
「うん、あんまり考えたことない。名前考えるのが一番めんどくさいから。誰が誰かわかればいい、くらい。すごく適当」
緒方が眉をひそめる。
「もったいなくないすか? いちおうキャラの個性のひとつですよ」

<そういえば星新一さんも、没個性のためにエヌ博士とかエスさんを使ってましたね>
緒方が眉を上げる。
「そういやそうだな。星さんつったら最近、おまえの親戚のAIが小説賞の予選通ってたな。よかったじゃん。(※「人工知能使った小説、1次審査通過」「コンピュータが小説を書く日」)」
そうですね、と大人のリーブラが指を振って、該当記事を画面に映す。

名前以外の設定のこだわり
「じゃあ、名前以外に杉本さんは何にこだわってるんスか」
私はこめかみを指でかいた。自分の手法を明かすのはあまり好きではない。
「私は基本的に、登場人物は履歴書法でつくってて……まあ、履歴書の様式で設定表みたいなのを作るんだけど。(※新・何がなんでも作家になりたい!(鈴木輝一郎)
いろいろ設定とか考えて作りこむのはいいけど、いちばん大事なのはキャラの写真かな」
「写真?」
「そう。たとえば『20代 女性 司書』とかで画像検索して、それで設定表に貼りつけるの。私は映像で想像するタイプだから、やっぱりその人物の顔が決まらないと、性格もセリフも決まらなくて。想像が働かないの」
「じゃあ、夜な夜な『男性 50代 教授』とか『ハリウッド俳優 かっこいい』とかで検索してるわけですか」
「……まあ、そう」
「すげえアヤシイ」
「とくにおじさんとか子どもとか、わたしあんまり知らないから、セリフとかも知人の喋り方を使ったり、そんな感じ」

名前はこだわるべき?
緒方は腕を組んだ。
「で、杉本さんはそれだけ設定考えて、なんで名前はテキトーなんすか!?」
「うーん。まあたとえば、外国人の名前だったら調べるわよ。ギルバートっていう名前でも、イタリア人だったらジルベルト、ドイツ語だったらギルベルト、ファンタジーでも名前は統一するとか。あと、ロボットとか企業の名前だったら、頭字語にして、単語と意味をちゃんと考えたりするし。(頭字語:NATOやASIMOなど、単語の頭文字をつなげた略語のこと)
あとは、その地域だけに多い苗字とかは気にして……」
リーブラの頭上に、ビックリマークが映った。スピーカから流れる合成音声に合わせて、目や口がしきりに動く。
<なるほど、さおりさんのこだわりがわかりました>
「?」
<さおりさんはいつも、正確な人物を書くことに力をいれているようですね。
外国人の名前もそうですし、ロボットや企業の名前も、意味をつけるのは現実でよくありますから、それに沿っているのだと思います。さっきの履歴書の設定もそうですし、人の画像を検索するというのもそうです。よりリアルに書くことに重点を置いています」
「…………」
<日本人の名前であれば、特に整合性を考える必要はないですからね。適当につけてしまうわけです>
「……そうかもね」
私は苦笑した。思わぬところで弱点を指摘された気がする。

<人物の設定、魅力的なキャラクターをつくる技法はいろいろありますが、弱点をつくったり、アイテムを持たせたり、相反する性格をつけたり。しかし名前は必ずつけるものですから、少しこだわっても良いと思います。名前に一定の法則を持たせて統一感をだしたり、他人からの呼び名の違いでストーリーができたりもします
緒方が口をとがらせる。
「俺なんて今のところ『緒方』だけで、名前すら出てないですからね。いくら面倒だからって。
せめてみんなに図書館に関係する名前つけるとか、いろいろあるでしょう。
『さおりさん』とリ―ブラだけ特別っぽくて、なんかズルくないですか?」

私はリーブラと顔を見合わせた。
そういえば、緒方の下の名前を聞いたことがない気がする。本当に知らないかもしれない。
「……だって、誰もあなたのこと名前で呼ばないし。名前つける必要ないかなと思って」
「ヒドくね!? 本当にヒドくないですか!?」
<職場では名字で呼ぶのが普通ですからねえ……>
「俺だっていつもは『杉本さん』って呼んでますよ! さっきは『さおりさん』って呼びましたけど!」
「あ、そういえばそうだね」
「ヒドくないすか本当に!?」

----------

たまごたちの書庫シリーズ(コラム連載)

var nend_params = {“media”:24251,”site”:124762,”spot”:333803,”type”:1,”oriented”:1};

たまごライター プロフィール

たまごライター:黒田なぎさ
kuroda四国在住のプログラマです。中学生のころから小説を書きはじめ、新人賞への公募はまだ数年。ジャンルはエンタメ中心で、「小説家になろう」にて小説を公開しています。修士(工学)専門は対話システム。お気軽に絡んでやってください\(^o^)/ Twitter:@KosugiRan

 - たまごたちの書庫, 登場人物の名前の付け方 ,

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

貸出猶予と図書館 ~たまごたちの書庫 第四話

貸出猶予と図書館 ~たまごたちの書庫 第四話 「おお、杉本さん」 私の心臓がドキ …

【登場人物の名前の付け方】個人的な手法/彩葉

【登場人物の名前の付け方】個人的な手法/彩葉 私が登場人物に名前をつける上で気に …

iPhone 7 Plus Giveaway

iPhone 7 Plus Giveaway

【小説の読み方】3人の小説の読みかた/黒田なぎさ

【小説の読み方】3人の小説の読みかた/黒田なぎさ (「たまごたちの書庫シリーズ」 …

no image
Watch and Download Movie The Bye Bye Man (2017)

The Bye Bye Man (2017) Duration 96 mins …

John Wick: Chapter 2(2017)

WATCH NOW Quality : HDTitle : John Wick: …

同人イベントとあなたの執筆スタイル(前編) 〜たまごたちの書庫 第九話

(杉本さおり : 寡黙な図書館司書。作家志望) (緒方   : 20代のプログラ …

【登場人物の名前の付け方】世界観に沿った名前を/リリー

【登場人物の名前の付け方】世界観に沿った名前を/リリー 二人寄り添って散歩をする …

【新企画】たまごたちの書庫

水のように流れるニュース SNSやニュースアプリのおかげで、新聞やTVなんかに頼 …

【最近読んだ小説】『作家の収支(森 博嗣)』と2つの作家タイプ/黒田なぎさ

【最近読んだ小説】『作家の収支(森 博嗣)』と2つの作家タイプ/黒田なぎさ (杉 …