小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【たまごの物語:お金】カネの音/椛雫。

      2015/01/30

【たまごの物語:お金】カネの音/椛雫。

「明日、どこにいくの?」

私と手を繋いだ娘が楽しそうに話かけてくれた。

「どこに、いきたい?」

私は笑顔で答える。
大好きな娘が望んでいる場所ならば、どこにだって連れていく。

「川に遊びに、いきたい!」

「本当に?」

やっぱり、やめる……。
娘はか細い声で言いながら、その場にしゃがみ込んだ。

「ママ、もう、いってもいいよ?私、頑張るから。」

いつか、私の魂は消えてしまう。
娘はそのことを知っている。

成仏しても良いと言っているのだろうか?

だけど、幼い娘の世話は、本当にしなくてもいいのか……?

「ママ、これ、持っていって。」

娘はポケットから10円玉を取り出すと、私に差し出した。

私は物を持つことが出来ない。
魂が消えてしまうだけなので、天国に何かを持っていけるわけではないからだ。

けれど、娘の方に手を差し出すと、娘はその手の上に10円玉を置こうとした。

だが、やはりすり抜けてしまう。

娘は黙ったまま、地面に落ちた10円玉をしばらく見つめていた。

どのくらい、時間が経ったのだろうか。

「ママ、さようなら。」

私に手を振りながら、娘がそう言うのを確かに聞いた。

「うん……。待ってる、ずっと。」

私は娘についていくのを諦めると、10円玉に息を吹きかけた。

カラン……。

その時、遠くでゴーン……。という音がした。

ふたつのカネの音を聞きながら、私は天に昇っていった。

作者プロフィール

椛雫。
シンガーソングフリーライターを目指す変人。
普段は野いちご、Berrys Cafe等で活動しています。
twitter:@mmj_szk

あとがき

この小説は、「ひらがな」や「、」の位置、「登場する単語」、すべてに意味があります。

ここで全て解説しては全く意味がないと思うので、小説全体のキーワードにした10円玉のお話だけ載せておきます。

”重ね重ねご縁がある”という意味です。
謎解きのようですが、今回の小説の裏テーマです。

気が付いた方もいるかもしれませんが、登場人物は2人だけではない、という読み方も出来ると思います。

言葉遊びにこだわるあまり、少々読みにくくなってしまいすみませんでした。

読んだ方によってとらえ方が違っていると思うので、それぞれが好きなように楽しんでいただければ幸いです。

ありがとうございました。

 - お金

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【たまごの物語:お金】優しくない世界の優しさについて/徒川ニナ

【たまごの物語:お金】優しくない世界の優しさについて/徒川ニナ 友達だと思ってい …

【たまごの物語:お金】ケチな男が変わる時/久里原 和晃

【たまごの物語:お金】ケチな男が変わる時/久里原 和晃 ベランダから信用金庫が見 …

【たまごの物語:お金】緑柱石の髪飾り/yukarix4000

【たまごの物語:お金】緑柱石の髪飾り/yukarix4000 「チェリーブロッサ …

【たまごの物語:お金】金から始まる恋人関係/彩葉

【たまごの物語:お金】金から始まる恋人関係/彩葉 街全体が見渡せる小高い位置にあ …

【たまごの物語】募集テーマ:お金

【たまごの物語】作品募集テーマ:お金 今回のテーマは『お金』です。 先行してたま …

【たまごの物語:お金】砕け散った夢の欠片達/みや

【たまごの物語:お金】砕け散った夢の欠片達/みや 夢は叶う、未来は君の手の中にー …

【たまごの物語:お金】お金の回答/内気でロバ顔

【たまごの物語:お金】お金の回答/内気でロバ顔 先生! 質問があります。なんで勉 …

【たまごの物語:お金】山田まる

【たまごの物語:お金】山田まる 僕には、年の離れた年長の従姉妹がいる。 基本的に …

【たまごの物語:お金】ちえちゃんのおおみそか/紗倉凜子

【たまごの物語:お金】ちえちゃんのおおみそか/紗倉凜子 ある大晦日の日、ちえちゃ …

【たまごの物語:お金】情けは人のためならず/宮瀬 沙耶

【たまごの物語:お金】情けは人のためならず/宮瀬沙耶 雑誌を見ながらぼうっと聞い …