小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

テーマ:『小説家のたまご』に利用価値はあるのか

      2014/11/25

本日も、少し踏み込んだ、挑戦的なテーマで意見を伺ってみたいと思います。

小説家のたまごのこれまで

9月初旬のある日、twitterで謎のアカウントが出現しました。「小説家のたまご 準備中!」とだけ言い残し、そのまま1ヶ月。特徴的なアイコンのおかげもあってか、その1ツイートだけにもかかわらず、フォロワー数は既に1000を超えていました。

全貌が明かされないまま「人気小説家のたまごの秘密を紐ときます。」とだけヒントが示されるとともに、「DMを送るかもしれません」との宣言がプロフィールに明記されます。

そして10月26日、ついにサイトが正式オープン。メイン企画であるインタビューを中心に、今日まで約3週間がたちました。

賞賛も批判もどちらもある

ありがたいことに、サイトオープン1週間で当初想定の10倍を超える4000PVを突破し、今もなお、その勢いは衰えることなく続いています。

これまでにも、twitterやメールなどで、お褒めの言葉をたくさんいただきました。「インタビューを見てやる気が復活した」だとか、「記事をきっかけに新しい交流ができた」などというお話を聞くと、サイトを立ち上げて本当によかったなあと思います。

しかし一方では、「使われている日本語がおかしいのではないか」「言動が上から目線ではないか」など、批判めいた声が聞こえてくるのも事実です。どちらも、真摯に受け止めるべきご意見だと思っています。

他のもの書き応援サイトとの違い

そもそも『小説家のたまご』は、『小説家になろう』様や『魔法のiらんど』様のような、企業が経営している営利目的のサイトではありません。個人ひとりですべてを管理・運営・更新している、しがない私設サイトです。

ですから、たまごライターなどご協力いただく方に金銭的な報酬を与えたり、書籍化などの手厚いサービスを提供することができません。

しかし、だからこそ、営利目的の企業では真似できないような思い切った企画や、目新しい企画に挑戦できている、ということでもあるのです。

どうとらえるかは自分しだい

小説家のたまごである皆さまには、ぜひ、当サイトを”利用”していただければと思っています。

たとえば、「たまごの意見」にコメントして意見をまとめる練習をするもよし、投稿されたコメントを見て多様な考え方を学ぶもよし。

自分を売り込みインタビューを受けて名前を売ったり、たまごライターとして文章力を磨いてみるのもいいでしょう。自由に、ご自身のメリットになるような使い方をしていただければと思います。

もちろん、当サイトをつまらない、意味が無い、有害ですらある、と感じる方もいらっしゃるでしょう。それももちろん、正しい意見です。

どう思いますか?

あなたは『小説家のたまご』に利用価値があると思いますか?

ご意見がある方は、コメント欄にご自由にお書きください。みんなで意見を、交換しましょう。

*気になるご意見を出していただいた方には、後日インタビューのオファーをさせていただくことがあります。

 - たまごの意見(全員参加型)

ad pc

ad pc

Comment

  1. 和縞 より:

    小説家のたまごを応援するという主旨ですから、アマチュアにとってはありがたい存在であり、読者にとっても価値のあるサイトではないでしょうか。
    ところでわたしがたまごさんにフォローされた時は、確かお名前が別でしたよね。いつの間にかたまごさんになっていました(笑)。

  2. 匿名 より:

    利用することによるメリット、現象でそれは知名度なのでしょうが、このサイト自体の知名度が低く、インタビューに統一性がないため、結果知り合いかよほど興味をもつ記事でもなければ、と。

  3. 「小説家のたまご」様の価値は多大なるものかと、私は思ってます

    自分は細々と執筆してきましたが、名だたる人気作家様達の連峰にほとほと届かぬこの身の弱さを思っていましたが、「あ、小説家じゃなくて、たまごでもいーじゃん!」そう思わせていただきました

    なんだか最近は微々たる歩調ながらも執筆がはかどります、小説家になるべくして書いてた自分から、小説家のたまごとして書く自分になれたような……

    そんなワケで、「小説家のたまご」様には私の意識改革という形で感謝してる次第です、私みたいに、「別に上手くなくても書いていいんだ!」って思える人が増えることを想っています

  4. 隆一 より:

    当初はインタビューが面白かったが、徐々に管理人の態度や言動が上から目線で鼻につくようになってきたのは確か。また、インタビューに協力してくれた作者に対して「インタビューに協力してくれた」という意識ではなく「宣伝になるだろう?利用させてやろるよ感謝しろ」という意識が強いのも見え見えでうんざりしてきていた。

    PVや読者数が欲しいのはわかるが、管理人がそれをモロ出しにしている以上、このサイトに未来はない。
    丁寧な作り方をしていけば自然と口コミで評判は上がるはず。このサイトの主な宣伝媒体は皆さんのRTなわけだし、利用者に対して口先だけではない真摯な態度を忘れぬようにした方がよい。
    少なくとも良い評判は広がりにくいが悪い評判はあっという間に広がるものだ。そしてこの程度の規模なら利用者がアンチになる前に、サイトごとスルーされてPVが落ち、そのうちに消えていくのがオチだろう。

    個人的には某さんのインタビューの時にうろ覚えだが「今日のたまごは女子高生です。現役女子高生の〇〇〇を紐解きます」など「どこのエロサイトの宣伝だよ」というような下衆いアオリを用いていたのにい嫌悪感を覚えた。作者も嫌がっていたのでそのツイートは消したようだが、まあそういうところにも気を付けた方が良いと思う。

  5. 匿名 より:

    ※4の方に同意ですね。
    中の人は黒子に徹していれば良かったでしょう。
    エゴや色気が出てきたら、それは皆に伝わってしまいます。

  6. 匿名 より:

    ※4と※5の方に同意です。
    中の人の、上から目線も売りっちゃ売りかもしれないけどw
    開けて間もない店で悪い評判が立ったら、あっという間に営業不振に陥りますよ

  7. 匿名 より:

    営利目的の企業では真似できないような思い切った企画や、目新しい企画に挑戦できているとのことですが、何を指しているのですか? 今のところ楽しい雑談の場の提供以上のものは見出せていません

  8. サイトを運営、管理するのは大変だと思うので、この場所を提供してくれている分のアドバンテージは管理者にあっていいと思う。どういうものにしていきたいか理想があってされてるはずだし、それが自分と相性合わないからって叩く方も十分上から目線だと思う。
    でも「言葉の使い方がおかしい」という指摘に「たまごだからこれでいい」という返事や、批判めいた声があがってきた時に自分のサイトでこの質問で意見募るのはちょっとバカにされたり、挑戦的だと感じた人がいるはず。
    「皆さん協力してもらって一緒にいいサイトにして下さい」ではなく「このサイトを利用して下さい」なのは違うかなぁと感じる。
    まだまだサイト自体が「たまご」です。
    言う方も聞く方も潰すためではなく、育てていくための意見であってほしい。

  9. 匿名 より:

    ここ最近のコラムとかたまごライターとか正直面白くない。ぶっちゃけインタビュー以外は見どころがないサイトなのでインタビューを増やせばいいのでは。

  10. なお より:

    4の方に同意です。

    「*気になるご意見を出していただいた方には、後日インタビューのオファーをさせていただくことがあります。」という言葉を使って、
    インタビューを受けて名を少しでも有名にしたいという人達の思いを利用しているに過ぎない様にも感じます。

    このブログサイトのことを、皆さんはご存知でしょうか?
    このブログサイトはアフィリエイトが簡単に出来るみたいです。
    下部のWordPress-Theme STINGER3をクリックすると詳細が見れます。

    PVを増やしたい意識が強く見え、アフィリエイト目的に見ててきて、正直うんざり。

    応援サイトって言っても、管理人に関して全くないも無い。不信そのものって感じ。
    インタビューを受けた人や、ライターさんが利用されているように思えてきた。

    これ以上、「小説家になりたい」という気持ちを利用しないでほしいです。

  11. 神威遊 より:

    私的な個人サイトであるのなら、もっと管理人のキャラを押し出し、読み手代表の視点に徹した方がいいと思います。
    現状のままでは裏にも表にも徹しきれていない謂わば【趣味】のサイトの印象があります。
    議論の場としては充分存在価値はあると思いますが、ただ読ませるだけのテキストサイトでは厳しいように思います。
    参考までに個人の意見として投稿いたしました。

    神威遊

  12. 陣内美勇 より:

    何のために小説を書いているのか。
    というツイートに意見を投稿したところ、後日こちらで批判されました。私は書き初めてソレほど経っていないので、何を言われてもアレですが、リツイートしてくださった方達まで批判するような行為が非常に不愉快でした。
    利用価値は見出だせませんね。

  13. 匿名 より:

    もうやめたら?
    まったくおもしろくないし、人も集まっていない
    管理人に致命的にセンスがない
    RTもされない、フェイスブックではスルーされ、恥ずかしくて続けられないレベル

    最初は「なにか面白そう」と集まって来た人たちも、見切りをつけてしまった
    これ以上はたまごライター(笑)の人たちが可哀想なので、はやく止めてあげてほしい
    見ていて恥ずかしい

  14. 匿名 より:

    失礼しました、フェイスブックではなくてミクシィでしたね
    メンバーが6人ほどいるようです
    これだけ活動して、6人しか付いてこないという結果を見ると大失敗ですよね
    むしろ逆に、たくさんの人が集まるとでも思ったのでしょうか

    ツイッターでは片っ端からフォローをして、非難をされていたこともありましたね
    数字だけを追っても、人は付いてきませんよ
    この結果を見れば明らかでしょう

コメントはお気軽に^^

  関連記事

たまごの意見
【たまごの意見】テーマ:何のために小説を書いているのか

ちゃんと考えたことって、ありますか。 なぜ小説を書くのか あなたは、なぜ、小説を …

たまごの意見
【たまごの意見】読者は何人いれば満足できるのか

読者がいてこそ、小説である。 何のために小説を書くのか、というのは前提の議論とし …

たまごの意見
テーマ:執筆仲間は敵か味方か

今回のテーマは、ここでは意見が片寄ってしまうのかもしれません。 仲間が少ないから …

たまごの意見
テーマ:プロの小説家になる覚悟はあるのか

今回のテーマは、少し勇気をもって問いかけてみたいと思います。 デビュー後も大変な …

たまごの意見
テーマ:自費出版はありかなしか

新企画、最初のテーマはこちらです。 自費出版はありかなしか そもそも自費出版とは …

たまごの意見
テーマ:本はどれくらい読めばいいのか

今回のテーマは、読書量について考えてみます。 書籍や雑誌の売上は下がり続けている …

たまごの意見
テーマ:どこからが小説家なのか

今回のテーマは、そもそも、どういう定義になっているのかというお話です。 どうなっ …

たまごの意見
テーマ:執筆時間を変えればスランプを脱出できるのか

ふだんは、あまり意識しないことかもしれません。 生活スタイルは人それぞれ 小説家 …

たまごの意見
テーマ:小説を書くのに社会経験は必要か

学生さんには、悩ましい問題かもしれません。 社会性を持たないと小説家になれない …

たまごの意見
テーマ:紙の本は絶滅するのか

こんなことは、これまでにも散々語られてきましたし、大手出版会社が発表する売上推移 …