小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

テーマ:執筆時間を変えればスランプを脱出できるのか

      2015/03/23

ふだんは、あまり意識しないことかもしれません。

生活スタイルは人それぞれ

小説家のたまごは、人によって生活スタイルがバラバラです。

平日は学校や仕事で忙しく、執筆に使える時間はほとんどが夜だという人。逆に、夜勤が多く、ほとんど昼夜が逆転してしまっている人。もしかすると、夜や週末は家族のために働き、平日の昼間にしか自分の時間が確保できない人もいるかもしれません。

機械のように執筆していませんか?

しかしながら、あなた一人の、生活スタイルを振り返ってみた時には、いかがでしょうか。

いつも同じ時間に起床して、同じような朝食をとる。同じ場所で同じ道具で執筆をし、同じような疲労感で一日を終えて眠りにつく。まるで機械のように、代わり映えのない毎日を送っている、と感じたことはないでしょうか。

つまり、生活のパターンが決まっている以上、同じ時間帯に執筆している、という小説家のたまごの方が多いのではないかと想像します。

同じ生活リズムを続けるということは、もちろん悪いことではありません。安定した生活リズムは、執筆の効率を高めることにもなるからです。

深夜に書いた手紙は朝読むと恥ずかしい

有名な話で、多くの人が実感したことがある現象に、深夜に書いた手紙を朝読み返して恥ずかしい、というものがあります。これはごく一般的な話であり、脳科学的にも、朝と夜では脳の働き方が違うという実験結果が多く発表されています。

これは、小説を書くという行為に対しても、当然同じことが言えそうです。

このことを利用して、いつもとはまったく違う時間に書いてみることで、たとえば、執筆が進まないスランプを脱出できる、新しいアイデアが浮かぶ、といったようなことが期待できる可能性もあるのではないでしょうか。

時間を味方につけてみる

いつも夜にしか執筆している人が、早起きして早朝に書いてみる。日中にしか書いたことのない人が、深夜に書いてみる。逆にいつも不規則な人は、同じ時間に続けて書いてみる。

いつもは追われるだけだった時間を、意識して積極的に使ってみることは、思いもよらない何かのきっかけを与えてくれるかもしれません。

生活リズムを変えることは、簡単ではないでしょう。でも、一度やってみる価値はありそうです。

どう思いますか?

あなたは、執筆時間を変えることで、何かが変わった経験はありますか?何も変わらなかったですか?

ご意見がある方は、コメント欄にご自由にお書きください。みんなで意見を、交換しましょう。

*気になるご意見を出していただいた方には、後日インタビューのオファーをさせていただくことがあります。

 

 - たまごの意見(全員参加型)

ad pc

ad pc

Comment

  1. 匿名 より:

    スランプ中。いつも夜にしか書いてないけど、今度一回朝書いてみようかな

  2. 宮瀬 沙耶 より:

    基本的には夜、落ち着いて書くようにしています。でもネタや案は時間を選ばないので、メモ程度ならいつでもすきま時間に。夜まとめて書きますが、わたしはころころと文を変えたがるので時間を置いて、好きなときに自分の文を読み返すようにしていますよ。

  3. 和縞 より:

    書こう書こうと思わなければそのうち脱していますよ。スランプになるうちは難しく考えすぎているのです。

  4. いつも夜20~24時に執筆していますが、ペースが上がってくると朝出勤前の僅かな時間をつかって書いています。
    表現やリズムは朝の方が描きやすい印象です。だから夜進めて、朝修正することが多いです。

    とはいえ私自身執筆が進まないときは、なぜ書いているのか、何を書きたいのか、と自問自答して解決することがほとんどです。

コメントはお気軽に^^

  関連記事

たまごの意見
テーマ:『小説家のたまご』に利用価値はあるのか

本日も、少し踏み込んだ、挑戦的なテーマで意見を伺ってみたいと思います。 小説家の …

たまごの意見
テーマ:どこからが小説家なのか

今回のテーマは、そもそも、どういう定義になっているのかというお話です。 どうなっ …

たまごの意見
テーマ:紙の本は絶滅するのか

こんなことは、これまでにも散々語られてきましたし、大手出版会社が発表する売上推移 …

たまごの意見
テーマ:自費出版はありかなしか

新企画、最初のテーマはこちらです。 自費出版はありかなしか そもそも自費出版とは …

たまごの意見
テーマ:執筆仲間は敵か味方か

今回のテーマは、ここでは意見が片寄ってしまうのかもしれません。 仲間が少ないから …

たまごの意見
テーマ:プロの小説家になる覚悟はあるのか

今回のテーマは、少し勇気をもって問いかけてみたいと思います。 デビュー後も大変な …

たまごの意見
テーマ:小説を書くのに社会経験は必要か

学生さんには、悩ましい問題かもしれません。 社会性を持たないと小説家になれない …

たまごの意見
テーマ:本はどれくらい読めばいいのか

今回のテーマは、読書量について考えてみます。 書籍や雑誌の売上は下がり続けている …

たまごの意見
【たまごの意見】テーマ:何のために小説を書いているのか

ちゃんと考えたことって、ありますか。 なぜ小説を書くのか あなたは、なぜ、小説を …

たまごの意見
【たまごの意見】読者は何人いれば満足できるのか

読者がいてこそ、小説である。 何のために小説を書くのか、というのは前提の議論とし …