小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【たまコラム:電子書籍の作り方】第2回:なんとなく電子書籍を作れるツール/未衣子

      2017/03/15

【たまコラム:電子書籍の作り方】第2回:なんとなく電子書籍を作れるツール/未衣子

****************************************************
この文章は、以下を目的としています。
★あなたが電子書籍を作ること
★あなたの身の回りの人に電子書籍を読んでもらうこと
****************************************************

連載の第2回は、“なんとなく”程度の心構えでも電子書籍を作れるツールについてご紹介します。どうしてここで“なんとなく”を強調したのかといいますと、《電子書籍を作る方法》についての情報ならば世の中にごまんとありますが、《電子書籍をなんとなく作る方法》についての情報は、まだあまりなさそうだからです。

もうすでに自分の小説を書き溜めており、何らかの文書ファイルとして保存してあるものを、とにかく楽に、一切の面倒や苦痛なく、誰の力も借りずに、ひとりで細々と電子書籍化したい同人作家のみなさん。今回は、電子書籍を作るためにわたしが実際に使ってみたツールをご紹介します、なんて書くとドヤ顔になっていそうで嫌ですが、気楽にいきましょう。

なんとなく電子書籍を作りたいだけなのに!

そもそも、この連載を始めるにあたって「今さら電子書籍を作る連載なんて、読む人があるのか」との不安があったのは、第1回でもお伝えした通りです。ところが、ふと検索エンジンに「電子書籍 作り方」と入力し検索してみたあの日から、このような考えは一転。ぜひとも《電子書籍をなんとなく作る方法》について書かねばならぬと心に誓ったのでした。Roblox HackBigo Live Beans HackYUGIOH DUEL LINKS HACKPokemon Duel HackRoblox HackPixel Gun 3d HackGrowtopia HackClash Royale Hackmy cafe recipes stories hackMobile Legends HackMobile Strike Hack

なぜなら、「電子書籍 作り方」と検索してまず出てくるのは、電子書籍を作りたい人向けの教室やセミナーの情報ばかりだったからです。これでは、なんとなく電子書籍を作りたいだけの人は、「わざわざ教室に通わねばならぬほど難しいのか、電子書籍化は……」と、出鼻をくじかれてしまいますよね。

PCが苦手だけれども電子書籍を作りたい方や、本格的に収益を上げるための売り込みなどは、たしかに、専門家に師事して教わるのがいいかもしれません。しかし、すでに電子書籍の材料(小説でも、なんでも)がそろっていて、ごく簡単なPCの操作ができるのであれば、あなたは今日にでも電子書籍化の素養をもっています。それほど意気込まなくたって、なんとなくひとりで電子書籍を作ってしまっても、いいではありませんか。

そもそも、電子書籍化ってどういうこと?

わたし自身もつい最近まで知らなかったので、念のために。いつも書いている小説などの文書データを電子書籍として読めるようにするには、そのファイルを電子書籍専用のファイルとして作り変える必要があります。具体的にいうと、いつも使っている「.txt」「.docx」などの文書ファイルを、「.epub」「.book」などの電子書籍専用のファイルに変換しなければならないということです。

たとえば、わたしはいつもwordを使って執筆しているのですが、「よし! 今日はここまで!」と文書を保存すると、どこかのフォルダに「観音小説.docx」というファイルができあがるわけです。メモ帳を使って執筆したものなら、「観音小説.txt」というファイルになります。これらを電子書籍化するために、次の章で紹介するツールを使うと、「観音小説.epub」というファイルができあがります。

こうしてできあがったファイルを、スマホやPCから無料のアプリで読んだり、電子書籍リーダーに取り込んだり、オンラインのお店に並べたり、と利用してゆくわけです。ちなみに、『観音小説』というのはわたしが実際に書いた小説のタイトルで、電子書籍として公開しています。検索エンジンで見つけようとすると、“官能小説”ばかりがヒットしてしまうため、誰の目にもとまりません。

もっとも楽に電子書籍へ変換する方法は?

文書ファイルを電子書籍の形式に変換するには、いくつかのやり方があります。検索の上位に出てくるのはフリーソフトを使う方法ですが、ここでは独断と偏見により、もっとも「こりゃ楽だ!」と感じたものをご紹介します。まず初めは「こりゃ楽だ!」から始めてみて、味を占めてきたらフリーソフトを使ってみたり、はたまた教室に通ってみたり、と手を出してみてもいいかもしれません。

・でんでんコンバーターを使う
でんでんコンバーターは、下記のページ( http://conv.denshochan.com/ )にテキストドキュメント(.txt)や画像ファイルをアップロードすると、ファイルをEPUB形式に変換してくれるサービスです。フリーソフトのように何かをダウンロードする必要がないため、やろうと思えば今すぐにでも変換できるのが魅力的。

操作は、ページにある参照ボタンから、すでに書きあがっている小説のファイルをアップロードし、タイトルと作者名を入力し、変換ボタンを押すだけです。3万字くらいの小説で試してみましたが、サクッと一瞬で変換が終わりました。こりゃ楽だ!

でんでんコンバーターの他にも、このようにファイルをアップロードして変換するサービスはいくつもあるようです。今回は見た目がわかりやすいのでこちらをご紹介しましたが、お好みによっては他のものも使ってみてください。

・BCCKSを使う
BCCKSについては、第1回でも少しお伝えしましたが、わたしが初めて電子書籍を作ったサービスです。( http://bccks.jp/ )こちらは、また別の意味で「こりゃ楽だ!」なのですが、前述のでんでんコンバーターよりかは少し複雑になります。

BCCKSでは、専用のテキストエディターを使って、1冊の本を丸ごとデザインするような塩梅で電子書籍を作ります。小説の本文を流し込み、表紙・背表紙・裏表紙のデザインを決め、もくじを作り……と、作り込んでゆくのです。こうして作った本は電子書籍として発行できますが、紙の本として注文することもできます。電子書籍と紙本を同時に作れるのが「こりゃ楽だ!」なわけですね。イベントで売る紙本を作るついでに電子書籍も……という方へ、とくにおすすめします。

作った本をそのままオンラインストアで販売できるのも、BCCKSの特長です。決済やら発送やらをすべてBCCKSにやってもらえるので、なんとなく電子書籍を作ってしまった者としては、ほんとうにありがたいのです。もちろん、便利な分だけマージンを取られますから、気になった方はそのあたりも計算してから検討してみてください。細かい設定は色々とありますが、ざっくり作るのであれば今日中に1冊完成できるでしょう。

ものは試し

ものは試し。やってみましょう。

余談ですが、ついさっきまで《わたしは電子書籍にまったく興味がないけれどもなんとなく作った》と思っていたのですが、よくよく考えてみたら違いました。大学在学中のおそらく2012年~2013年あたりに、永江朗先生の「出版文化論」という講義で、電子書籍について考えたことがあったのです。“電子書籍元年”、なんて聞いては「ふうん」と思いながら頬杖をついていたのですが、長らく記憶から抹消されていたために気がつきませんでした。

出版文化に精通している永江先生ですが、以前埼玉県のご当地ラジオことNACK5の番組「木村達也 ビジネスの森」でお話されていたのを、たまたまラジオをつけていたときに聞いたことがあります。そのときは「ふうん」と思いながらハンドルを握っていたのですが、長らく記憶から抹消されていたために気がつきませんでした。

まさかあのときや、あのとき、数年後の自分が電子書籍の連載を担当することになるとは、つゆ知らず。世の中わからんものです。

 

今回は、すでに書いた小説を電子書籍化するための具体的な方法についてお伝えしました。次回は、電子書籍化したファイルの読み方、活用の仕方について取り上げます。なお、ご意見ご感想などをTwitterで @315meow宛てにいただけたら、今後の内容などに反映することも可能ですから、気になることがあれば何なりと。それではまた、次回にお会いしましょう。

var nend_params = {“media”:24251,”site”:124762,”spot”:333803,”type”:1,”oriented”:1};

たまコライター プロフィール

未衣子(みいこ)
未衣子
埼玉県で小説を書いている25歳の女。Twitterとハムスターとインドカレーが大好き。本業はライター。フルタイムで、人に読まれるかもわからない無記名の記事を書いては、退勤後に小説を執筆している。サークル「さいたま養豚場」では主に文学フリマ東京に出展。人格と作風の乖離による売り込みの困難さを常に実感している。Twitter:@315meow

たまコラムとは

小説家のたまごが気になるテーマごとに、担当たまコライターが数回から十数回程度のコラムを、連載形式でお届けします。

「電子書籍の作り方」のまとめ読みはこちらから。

また、小説家のたまごでは常時たまコライターを募集しています。詳細はこちらをご覧ください。

 - 電子書籍の作り方 ,

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

no image
【たまコラム:電子書籍の作り方】第1回:わたしがなんとなく電子書籍を作るまで/未衣子

【たまコラム:電子書籍の作り方】第1回:わたしがなんとなく電子書籍を作るまで/未 …

未衣子
【たまコラム:電子書籍の作り方】第4回:実際に電子書籍を使ってみて良かったことを卑近に語ります/未衣子

【たまコラム:電子書籍の作り方】第4回:実際に電子書籍を使ってみて良かったことを …

未衣子
【たまコラム:電子書籍の作り方】第3回:作った電子書籍を売ってみよう!配布してみよう!/未衣子

【たまコラム:電子書籍の作り方】第3回:作った電子書籍を売ってみよう!配布してみ …

未衣子
【たまコラム:電子書籍の作り方】第0回:はじめに/未衣子

新連載:電子書籍の作り方 今回スタートするコラムのテーマは『電子書籍の作り方』で …

未衣子
【たまコラム:電子書籍の作り方】最終回:電子書籍で変わった“読書”の感覚/未衣子

【たまコラム:電子書籍の作り方】最終回:電子書籍で変わった“読書”の感覚/未衣子 …