小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

たまごライター紹介 彩葉(いろは)

      2015/03/23

先日発表させていただいた、5名のたまごライターを順番にご紹介いたします。

応募作品を公開させていただくとともに、たまごライターとしての意気込みも語っていただきました。

たまごライター 彩葉(いろは)

まず最初にご紹介するのは、彩葉(いろは)さんです。
twitter:@kotonoha_hutaba

彩葉さんには、事前告知がなかったにも関わらず、たまごライターの募集を公開してからほんの2時間後に、応募作品を提出していただきました。

募集を目にしてから、アイデアを考え、間髪入れずに執筆して即行動を起こす。これは思っている以上に難しく、誰にでもできることではありません。

普通はたとえそれが面白そうだと思っても、どうしようかとしばらく悩む時間があるものです。しかし、彩葉さんのようにチャンスをつかむ人は、他の人が悩んでいる間に、もうそれを終わらせているのです。

また、行動が早いだけではなく、応募作品はとても興味深いものでした。

twitterで当たり前のように行われている拡散希望という行為に対し、彩葉さんなりの考えや提案が、このコラムに上手く込められています。みなさんはこれを読んで、どう感じるでしょうか。

彩葉さんの今後の活躍に、ご期待ください。

応募作品『拡散希望』

それは、ツイッターを開くと度々目にする言葉。
自分の小説の宣伝をし、URLを乗せ、拡散を求める言葉を記す。
そのツイートは他の小説書きがリツイート……すなわち拡散をし、また別の者の目に届くようになる。
けれどその行為は本当に意味を為すのだろうか。
毎日山のように流れてくる拡散ツイート。そして大量のURL。そのURLが実際にクリックされることは果たしてどの程度あるのだろうか。

私も流れてきた小説の宣伝を度々見るが、実際その小説を読んでみたのは片手で数えられるほど。それほどに、皆機械的にその情報を流していってしまう。
はっきり言って宣伝効果などない。
拡散をさせた人でさえ、【拡散希望】と書いてあるのだからとりあえず拡散しておこう、そんな気持ちであるような気がしてならない。拡散をしてあげる代わりに自分の作品の情報も広めてもらおう……そんな魂胆もあるかもしれない。どちらにしろ、いくらあらすじの書かれたツイートが広められたところで、その小説が見られることなど稀有なのだ。

そもそもどうしてこのようなことが起きているのか。自分を『小説書き』『物書き』と称す人々、おそらく小説家のたまご達はどうしてやけになって拡散ごっこを続けているのか。

オリジナル創作をしているという似たような括りであっても絵を主流として描いている人々はまた違った待遇を受けている。
特筆せずとも分かることだとは思うが敢えて口にするのならば、絵は文字に対して分かりやすいのだ。
一目見るだけでいい。一々時間をかけて読んで、意味を噛み砕いていく必要などない。漫画も似たようなものだ。視覚的情報だけである程度読み取れる。実際はもっと高度で技術的な感覚も必要になってくるかもしれないが、ただちょっと見て楽しみたい者にとって絵は楽でいいのだ。

それに比べ、どうやら小説はちょっと見て楽しむという感覚が得られないことが多いようだ。
文字に慣れない者にとっては一見言葉が並べられた難解な物であるように見えるかもしれない。
けれど一度物語の世界に入ってしまえば読むなどという感覚は消えてしまう。絵がない分自分のイメージで書き手の想像の世界を味わうことができる。伝えよう、という思いは情報が言葉だけであるという分、どんな媒体より強いはず。

そこで私は気づかされた。
小説において重要になるのは読み手の存在。
書いた本人が必死に宣伝しても始まらない。
ならば、その意味のない宣伝ばかりを広めるのはやめにしてはどうか。

本当に広めなければならないのはその物語を読んだ者の感想。自分の小説の拡散ごっこはやめにして誰かの感想拡散を始める。
もしかしたらその感想文の豊かさに反応してくれる人物もいるかもしれない。

小説家のたまごの中には、いくら同じように時間をかけて、同じように想像を形にしていても読まれることのない待遇に失望している者もいるだろう。そして次第に書くことを諦めてしまう者もいるだろう。
実際私も諦めそうになった。誰かに読まれなければただの自己満足。どうして自分は必死に書き方を模索して言葉を綴っているのだろうか、と。

しかし諦めるのは早い。埋もれる言葉を互いに掘り出し、上辺だけではなく中身を知ってもらう。

小説の本編は決してあらすじなどではない。登場人物の紹介などでもない。全てを通して一つの作品。
小説家のたまごにはこの感覚を忘れないでいて欲しい。

たまごライターからのメッセージ

はじめまして。彩葉(いろは)と申します。

今回はたまごライターに採用していただき、本当にありがとうございました。こんな風に何かに選ばれるということなど一度もありませんでしたので、勇気をもって応募してみた甲斐があったと本当に喜ばしく、また採用してくださったことに感謝の念が尽きません。

私は今まで小説家をめざし文章力を鍛えたり実際ネット上に作品をあげたりしておりましたが、これといって他の小説家志望の方と話すという機会がありませんでした。

小説家のたまごというサイトはそういった機会をあたえてくださる場だとも思っております。私の様にまだ思うようなものが書けず、一人で試行錯誤している方が勇気を持って一歩踏み出す……それを目標に頑張ります。

さて、今回与えられたお題の中に自己紹介というものがありましたので僭越ながら軽く自己紹介させていただきます。

私の『彩葉』という名前は本名です。今まで個人情報云々の心配もあって別のペンネームを使っておりましたが、何かで本格的に活動ができるのであれば本名を使いたいと以前より考えておりました。

日本語の原点とも言われる『いろは』という読み方、そして『言葉』の『葉』の字が使われていること、これらの理由から私は自分の名前を非常に気に入っております。特に文章関連の仕事ができるのであればもう本名を使うしかないな、と。

今回たまごライターに選ばれたということで、ネット上の全ての自分の名前を統一することにいたしました。そのきっかけをくださったことにも深く感謝いたします。

幼い頃から物語が大好きで、いつからか自分の想像を文章で表現してみたいと、漠然とした思いを抱くようになり今に至ります。読み手側であっても書き手側であっても、文章や物語に関わっている時間が私にとって至福の時間です。ただ、そこでとどまっていてはいけません。

好きなものはとことん追求します。より伝わるように、より繊細に。これからも精進を続けどんどん新しいことに挑戦したいと思います。

今度ともどうぞよろしくお願いいたします。

 - たまごライター ,

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

たまごライター
たまごライター紹介 山田まる

引き続き、たまごライターのご紹介です。 たまごライター 山田まる 今日ご紹介する …

たまごライター紹介 笠原小百合

たまごライター紹介 笠原小百合 今回ご紹介するたまごライターは、笠原小百合(かさ …

さいごに/たまごライター八湊真央(柴田花蓮)

たまごライター二期生である、八湊真央(柴田花蓮)さんが、本記事をもって任期満了と …

たまごライター
たまごライター紹介 紗倉凛子

たまごライターの紹介も、今回が最後です。 たまごライター 紗倉凛子 今回ご紹介す …

たまごライター
たまごライター紹介 徒川ニナ

今日も、たまごライターをご紹介します。 たまごライター 徒川ニナ 今日ご紹介する …

たまごライター紹介 リリー

たまごライター紹介 リリー 今回ご紹介するたまごライターは、リリーさんです。現役 …

たまごライター紹介 西山一(久里原和晃)

改名について(2015/11追記) この度、久里原は、「西山一」に改名いたしまし …

たまごライター紹介 八湊真央

たまごライター 八湊真央 今回ご紹介するたまごライターは、八湊真央(やつみなとま …