小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

たまごライター紹介 山田まる

      2015/03/23

引き続き、たまごライターのご紹介です。

たまごライター 山田まる

今日ご紹介するたまごライターは、山田まるさんです。
twitter:@maru_yamada

今回、たまごライターの募集にあたって提示した課題は、『小説家のたまご』をテーマにしたコラム・エッセイ、というものでした。案の定、実に多くの人が、『小説家』『たまご』というフレーズから着想を得て執筆されていました。

山田まるさんの提出作品もそのひとつであるわけですが、中でも最も読みやすかったのがこちらでした。

小説家のたまごなるもの、小難しい表現や周りくどい説明をしたくなるのが心情というもの。しかし山田まるさんは、そういった贅肉をそぎ落とし、シンプルな言葉の組み合わせで魅力あるコラムを完成させています。

「まる」を主語にして書かれる文体も、読んでいてくせになります。

今後の山田まるさんの活躍に、ご期待ください。

応募作品『「小説家のたまご」ってなんだろう。』

それを考えた時に、まるの頭の中に浮かぶのは「小説家ってそもそも何だ」という疑問だったりする。
小説家って職業でいいんだろうか。
それともある種の生き方に纏わる肩書きなんだろうか。
そのあたりをうんうん首を捻って悩んでいると、今度は「小説って何だ」という根本的疑問にぶち当たる。
そして最終的に「まるはどうしたいんだっけ」という自分の生き方に対する疑問に進化する。
若いころ、幼い頃は「将来なりたい仕事は?」と聞かれた時に「小説家」と答えていたはずなのに。
……答えられていたはずなのに、実に不思議なことである。
どこでこうもひねくれてしまったのか。
きっと、長年憬れだったり何だったりを温めているうちに、まるの中における「小説家」という概念は、簡単にはなれない「仙人的な何か」みたいなところに到達してしまっているのだと思われる。

でも、それってまるだけだろうか。

まるの友人には商業で絵を描く人がいる。
彼はプロで、絵を描くことで飯を食っている。
でも、彼は「絵師とは名乗れない」とぼやく。
自分でも狭量なのはわかっているけれど、趣味で絵を描いている連中が「絵師」を名乗るのに腹が立つことがある、とも。
彼にとって「絵師」という肩書きはきっと何か憬れの塊で、神聖なものなんだろうな、と思う。
「小説家」という響きにも、きっと似たようなものがあるんじゃないだろうか。
少なくともまるは「小説家」とは名乗れないし、その肩書きを名乗らないといけない状況になったら死ぬほど照れて悶えると思う。
「小説家」という三文字にこめられた意味は、きっと皆それぞれ違っていて。

「小説家」って何だろう?
文字を書いて表現することが好きな自分は何になりたいんだろう?

そんなことに迷って、頭の中がぐるぐるした時に、自分なりの答えを見つけるヒントになるのが、この「小説家のたまご」というサイトなんじゃないだろうか。
そんなわけで。
お互いの頭の中身、ちょっとずつ持ち寄って、いろいろ一緒に考えてみませんか。

たまごライターからのメッセージ

こんにちは、山田まるです。
今回たまごライターに管理人さんの優しい選評と共に選んでいただき、まことにありがとうございます。
一人の文字書きとして、いろんなことを皆さんと一緒に考えていけたら良いなあ、と思っております。

……と、いう真面目なご挨拶をしておきつつ。
ここから先はちょっといつものまるらしく書かせていただければ、と。
まあ、普段のまるはもっとアレな口調だったりもするのですががが。

今回同じくたまごライターに選ばれた紗倉凛子さんはなんと中学二年生の14才。
そして、前回「小説家のたまご」でインタビューされていた水岡きよみさんは現役の高校生。
そういったことからふと思うのが、もしかすると「小説家のたまご」というサイトを見ているのは、「小説家」という職業を目指す若い世代が多いのかなあ、ということでした。

で、まるはどうか、というと。
まあたぶん若くはない。そんなにぴちぴちはしていない。社畜ですし。ひぃひぃ。
だからといって人生の酸いも甘いも噛み分けた大人かと言われると、そこまで大人でもない。
なんとも中途半端な社畜です。

ただ、ちょっと特筆出来ることがあるとしたら。
まるがたぶん、商業文字書きの端くれである、ということかなと思います。
まるは本業も文字書きなので。
商業ベースで物語を紡ぐことで飯食ってます。

ただ、ここで大事なのは。
まるの本業の場合、「自分の創りたいもの」を創ってそれが結果として商品として供給されているのではなく、「すでにある需要の形に合わせたものを作って供給する」ことが求められているということなのではないかな、と思います。

たぶんそれはある程度「仕事として書く」上では必要な折り合いで。
まるは日ごろその折り合いをつけるために七転八倒していて。
もう毎日のように「おそらきれい……」と遠い目をしています。

そういう意味でちょっと他とは違う先達の立場から、文字書きの悲喜こもごもを、ネタとして提供出来たら良いかな、と思っています。

たまごライターとしての山田まる、どうぞよろしくお願いいたします。

 - たまごライター ,

ad pc

ad pc

Comment

  1. 匿名 より:

    「くどい言い回しになるところ」を簡潔にして下さっている点は好感が持てます……しかし、申し訳ありませんが個人的に社会人で、此処は不特定多数の方が目にするコラム。一人称――主語が「ご自分の名前」というのは正直、ありえないと思います。ましてや、ご教授される身。「私」ではいけないのでしょうか? 好みの問題かもしれませんが……

コメントはお気軽に^^

  関連記事

さいごに/たまごライター八湊真央(柴田花蓮)

たまごライター二期生である、八湊真央(柴田花蓮)さんが、本記事をもって任期満了と …

たまごライター紹介 西山一(久里原和晃)

改名について(2015/11追記) この度、久里原は、「西山一」に改名いたしまし …

たまごライター紹介 八湊真央

たまごライター 八湊真央 今回ご紹介するたまごライターは、八湊真央(やつみなとま …

たまごライター
たまごライター紹介 徒川ニナ

今日も、たまごライターをご紹介します。 たまごライター 徒川ニナ 今日ご紹介する …

たまごライター紹介 リリー

たまごライター紹介 リリー 今回ご紹介するたまごライターは、リリーさんです。現役 …

たまごライター
たまごライター紹介 彩葉(いろは)

先日発表させていただいた、5名のたまごライターを順番にご紹介いたします。 応募作 …

たまごライター紹介 笠原小百合

たまごライター紹介 笠原小百合 今回ご紹介するたまごライターは、笠原小百合(かさ …

たまごライター
たまごライター紹介 紗倉凛子

たまごライターの紹介も、今回が最後です。 たまごライター 紗倉凛子 今回ご紹介す …