小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【小説を書いてみたいと思っている君へ】小説を書きたいと思っている「いつだか」の君へ/徒川ニナ

      2014/12/09

コラム:小説を書いてみたいと思っている君へ

たまごライター:徒川ニナ
writer_nina_1001987年生まれの静岡県民。自分の書いた文章を一人でも多くの人に読んでもらうべく活動中です。守備範囲は純文学からラノベまで浅く広く。時にエッセイも嗜みます。音として美しい日本語を日々研究中。Twitter:@adagawa_n

 

小説を書きたいと思っている「いつだか」の君へ/徒川ニナ

前略  一段と肌寒くなってきた今日この頃、機会があったので久しぶりに筆をとります。ご無沙汰していますね。お元気ですか。

最後にこうして手紙を書いたのはいつだったでしょうか。それは遥か昔のようにも、ごくごく最近のようにも思います。こんなことを言えば君は、「そんな物言いをするなんて、随分おばさんになったんだな」と笑うでしょうね。その通り。もう二十七ですから、すっかりおばさんです。そういえば最近肌荒れが目立ってきました。君もエイジングケアはできるだけ早めに初めておいた方がいいですよ。これは人生の先輩からの大切なアドバイスです。

思い返せば、君が初めて「物語を書こう」とペンをとったのは、小学校高学年の頃でしたね。いや、ペンをとった、というのは語弊があるでしょうか。君が丹念に叩いていたのは、今まで学校でしか触れたことの無いパーソナルコンピューターのキーボードだったのですから。

インターネットの海に飛び込んだ当初、君はとっても浮かれていました。そして自分の書いた文章にお世辞だろうと何だろうとポジティブな感想をもらえて調子にも乗り始めた。でも、「小学生アピール」を至る所でするのはお願いだから自重して下さいね。それは後々貴方の「黒歴史」になります。え? それはどういう意味かって? ――何となく語感でわかるでしょう。察して下さい。お願いですから。

君は中学校に入学すると、間もなく同好の士に出会うことになります。そこで出会う友達とは何やかんや十年以上の付き合いになりますから、少し「ワガママだな」と感じても決して離れないように。彼女達から得る数えきれないくらい沢山のものは、君の将来を、空で瞬く星々のようにとても美しく輝かせてくれます。

少し話が逸れましたね。君はその『同好の士』と一緒に、生まれて初めて自分達の文芸誌を作ることになるでしょう。枡野浩一に傾倒している君は現代短歌と拙いイラストをそこに寄稿します。君はそこで創作の喜びを改めて感じる筈です。それを、絶対に忘れないようにして下さい。それは長らく、君の「これから」を支えてくれます。
そこからしばらく、君は執筆から離れた人生を送るでしょう。とても辛い、辛い時期です。ともすれば、パソコンに向かって座っていることも困難になるかもしれません。でも忘れないで下さい。君にはその先がある。必ずある。

高校を卒業してファッションに凝りだした君は、販売の仕事を転々とします。そこそこ向いているので個人の実績はあがりますが、人間関係が壊滅的に駄目でしょう。君は販売畑の人間とどうにもこうにも馬が合わないのです。勿論中には気の合う仲間も現れます。尊敬できる上司にも出会うでしょう。それは君の人生の宝です。でもあまり深追いはしない方がいい。それが今のところの私の見解です。

その後何年かして、君は友人の結婚式で中学校時代の同級生、Kと再会します。彼女は一足先に文芸の世界に足を突っ込んでいる先輩です。君はKと一緒に再び創作活動を始めることになります。それと並行して、仕事がうまくいかなかったり、様々な出来事によっておこる憂鬱な気持ちに苦しんだりすることもあるでしょう。しかし君は絶対に忘れてはならない。何かを作り出した時に感じるとてつもない「楽しさ」と「喜び」を。

君の生涯に一貫して存在する「良い文章を創り上げたい」という願望を後押ししてくれるのは、君が二十三の時に出会う二人目の恋人です。君は彼を何よりも大切にし、できる限りの愛情を注いで下さい。そして彼の言葉が、君を私の所まで導いてくれます。幾つもの出会いを経て、君はここまでやってくるでしょう。

私は現在においても、「良い小説」というのが何なのかわかりません。しかし、自分なりの「それ」を突き詰めていきたいと思っています。だから君も、「小説を書きたい」という気持ちをないがしろにせず、土から突き出た新芽に水をやるように、大切に育ててやって下さい。

さて。私はそろそろ夕食の支度をしなくてはならないので筆を置きますが、少し離れたところから、君のことをいつでも見守っています。無理をせず、思い詰めず、君は頑丈でしょうけど、身体にも気を付けて。それではお互い、今日も執筆頑張りましょう。 かしこ

 - 小説を書いてみたいと思っている君へ ,

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【小説を書いてみたいと思っている君へ】プロット/彩葉

コラム:小説を書いてみたいと思っている君へ たまごライター:彩葉 文字を書くこと …

【小説を書いてみたいと思っている君へ】自己表現/紗倉凜子

コラム:小説を書きたいと思っている君へ たまごライター:紗倉凜子 小説家を目指す …

【小説を書いてみたいと思っている君へ】とりあえず書いてみようか/山田まる

とりあえず書いてみようか/山田まる 毎回次はどんなテーマが来るのかな、と楽しみに …