小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【最近読んだ小説】物語シリーズ/彩葉

      2017/06/06

【最近読んだ小説】物語シリーズ/彩葉

私は最近、西尾維新の『物語シリーズ』をまとめ買いした。
全て新品で二十冊。かなりの額であったが、まとまったお金ができたら物語シリーズを全て買おうというのが高校生の頃からの夢だったので、手を出しあぐねていた期間もあったがようやく夢を一つ叶えたといったところだ。

『物語シリーズ』というのは主人公の阿良々木暦(あららぎ こよみ)が怪異に取りつかれた少女たちと関わりながら彼女 たちの問題を解決していくというのを主軸とした物語である。といっても、バトルシーンやホラー要素などはなく、作品の半分は登場人物たちのコントのような会話劇が多くを占めているという特徴がある。ファンの中にはこの西尾維新独特のテンポのいいやりとりに中毒になる者も多いだろう。
物語シリーズというのは公式の通称であり、化物語、偽物語、猫物語など漢字一文字の後に『物語』とついたタイトルが並ぶことから『物語シリーズ』と呼ばれている。

アニメ化もしているこのシリーズだが、私はどうしても文字としての物語シリーズを手に入れたくてたまらなかった。他の西尾維新のシリーズものは多く持っているのだが、物語シリーズは高校時代に図書館で借りて読んでしまっ ていたため買い集めるのを躊躇ってしまい、そうしている間に続刊が次々と登場して手を出すタイミングを失ってしまっていたのだ。
文字で見る西尾維新は読んだものにしか分からない中毒性を孕んでいる。
会話にはことごとく言葉遊びが詰め込まれ、慣用句と慣用句をかけたものや、間違った言葉の使い方に意味を持たせたもの、漢字の間違いに意味を持たせたもの、テンポがよく他に類を見ない褒め言葉や罵り文句などがふんだんに使われている。
ただ語彙が豊富というだけではない。
彼の物語はあまりにも引き出しが多く、うっかりしていれば吸い込まれてしまう。

と、言葉だけで告げても伝わらないものがあるので一部を抜粋する。

「臭いですっ! 近寄らないでくださいっ!」
「女臭いより酷くなった!?」
「む……確かに、いくらなんでもただ臭いとは、酷い形容だったかもしれません。訂正しましょう」
「ああ、してくれるもんなら」
「水臭いですっ! 近寄らないでくださいっ!」
「意味が前後で支離滅裂だ!」
「なんでも構いませんっ! 迅速にどっか行っちゃってくださいっ!」
「いや……、だから、お前、迷子なんだろ?」
「この程度の事態、わたしは全く平気ですっ! この程度の困りごとには、馴れっこなんですっ! わたしにとってはとっても普通のことなんですっ! わたし、トラベルメイカーですからっ!」
「旅行代理店勤務だと!? その歳でか!?」
化物語(上) (講談社)

このような会話が永遠と続き、本編はなかなか進まない。これぞ言葉の魔術師、西尾維新の小説の醍醐味といっていい。
この独特な世界観に私は毎度酔ってしまう。

まだ読み始めたばかりではあるが、この世界観に浸りながら物語シリーズを読み進めようと思う。
この記事で興味を持った方、またアニメは見たが本を読んだことはないという方は、一度文字としての物語シリーズを堪能していただきたい。

あとがき

「近づかないでください、あなたのことが嫌いです」
ある日知人にそう言われた私は一瞬自分が何をしてしまったのかとうろたえましたが、これは 物語シリーズの中に出てくる八九寺真宵が初登場時、出会い頭に主人公に対して吐いた印象的な言葉でした。
つまるところ、知る人が知る単なるジョークだったのです。

私の友人や知人には西尾維新ファンが多く、時折会話劇の一端を投げてきます。図書館で物語シリーズをかじった程度であった私はその応答に苦労してきましたが、まとめ買いをした私はこれで物語シリーズマスターになれそうです。掛け合いもきっとばっちりなはずです。

みなさんも物語シリーズを読んで、日常会話に突然ネタを放り込まれても対処できるようにしてみてください!
また、西尾維新の原点にして処女作、戯言シリーズもオススメです。

たまごライター プロフィール

たまごライター:彩葉
writer_iroha_100文字を書くことが生きがいの、未熟で未熟な小説家のたまご。新しいことにどんどん挑戦したい。依頼はいつでも受付中。現在は主に「pixiv」と「小説家になろう」にて小説を書いております。Twitter:@kotonoha_hutaba

 - 最近読んだ小説

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【最近読んだ小説】私の読書事情と最近読んだ本/八湊真央

【最近読んだ小説】私の読書事情と最近読んだ本/八湊真央 今回は「最近読んだ小説」 …

【最近読んだ小説】「残り全部バケーション」伊坂幸太郎/みや

【最近読んだ小説】「残り全部バケーション」伊坂幸太郎/みや 読み終わった後に思わ …

【最近読んだ小説】『作家の収支(森 博嗣)』と2つの作家タイプ/黒田なぎさ

【最近読んだ小説】『作家の収支(森 博嗣)』と2つの作家タイプ/黒田なぎさ (杉 …