小説家のたまご

未来の小説家=小説家のたまごを応援するサイトです。

*

【素敵なクリスマスの過ごし方】大原稿時代/徒川ニナ

      2014/12/22

大原稿時代/徒川ニナ

萌え、画力、筆力……ありとあらゆる神の御業を手にした作者の一言が、人々をネットの海に駆り立てた。
「漫画か? 小説か? 見たけりゃ勝手に見るがいい。私の妄想は全てそこに置いてきた!」
亡者たちは輝かしい財宝を目指し、旅に出る。勿論自らの萌えを形にすることも忘れない。
そう。世は正に、大原稿時代!
――低めボイスのナレーションと共に始めさせて頂いた。師走も半分が過ぎた今日。皆様いかがお過ごしだろうか。
今回のお題は「素敵なクリスマスの過ごし方」である。困った。これは非常に困った。
というのも私、クリスマスに別段何も特別なことはしないのである。
チキンも食べなければケーキも買わない。
(去年はスーパーで売っているエクレアをもそもそ食べた気がするが)
プレゼントなんて「え? 何それ。小説の中の話?」といった感じである。
寂しい? んなこたぁないですよ。ほら私、これでも仏教徒なんで。

そんな私にとって、クリスマスというのは2~2.5次元で盛大に行われるお祭りのようなものだ。
ソシャゲにはサンタ衣装や時期限定のレアカードが溢れ、脳内では寒いのをいいことにあのキャラもあのキャラもイチャつかせ放題!
日夜うなじを削ぎまくる人類最強やお兄ちゃんの親友兼初恋の人がお誕生日を迎えるその日、ネットにはお誕生日小説やイラスト、漫画に動画が溢れかえるだろう。
そんな日に妄想しない手は無いのである。
20歳まで彼氏いない歴=年齢だった私は、ひたすらにクリスマスシチュの小説を書くことでその日を凌いだ。それは今も大して変わらない。だってほら、私これでも仏教徒なんで?

しかも3日後には、ビッグサイトで3日間にわたる祭典が行われるとくれば、休む暇なんて無いことがわかるだろう。
サークル参加される方は「1ページでも多くの無配を! コピ本を!!」と修羅場の真っ最中である筈だ。一般参加の皆々様も、カタログチェックに余念が無いだろう。
あそこは戦場だ。準備を万端にしていかなくては、戦る前に、戦られる。

勿論中には「コミケ? 何それおいしいの?」というピュアな小説家のたまごさんだっていらっしゃるだろう。
大切なのはオタクであることではない。
心の中に「妄想でキャラを遊ばせる」余地がある。ただその一点だ。

「クリスマス」というものが現代日本にとって大きなイベント、イレギュラーであることは紛れもない事実であると思う。
ではその「非日常」の中で自分の愛するキャラクター達が「何をするか」「どう動くか」。
お祭り騒ぎの中では、少し特別な彼らの日々が描けそうな気がしてくる。

皆様も用意はいいだろうか?
いくら寒くても、眠くても、原稿は待ってはくれない。
貴方の作品を、きっと待ってる人がいる。
それをネットの海に放流するのに、多分今以上適切な時期は無い筈だ。
繰り返す。世は正に大原稿時代。修羅場という名の、戦乱の幕開けなのである!

たまごライター プロフィール

たまごライター:徒川ニナ
writer_nina_1001987年生まれの静岡県民。自分の書いた文章を一人でも多くの人に読んでもらうべく活動中です。守備範囲は純文学からラノベまで浅く広く。時にエッセイも嗜みます。音として美しい日本語を日々研究中。Twitter:@adagawa_n

 - 素敵なクリスマスの過ごし方

ad pc

ad pc

コメントはお気軽に^^

  関連記事

【素敵なクリスマスの過ごし方】いつもと違うメリークリスマス/紗倉凜子

いつもと違うメリークリスマス/紗倉凜子 皆さんにとって「素敵なクリスマス」とは、 …

【素敵なクリスマスの過ごし方】個人的な理想に過ぎないけれど/彩葉

個人的な理想に過ぎないけれど/彩葉 シュトレンという菓子パンを知っているだろうか …

【素敵なクリスマスの過ごし方】素敵なクリスマスとは(まがお)/山田まる

素敵なクリスマスとは(まがお)/山田まる すてきなくりすます。 そんなお題を見た …